CPRは質が重要

医療従事者にとって、心肺停止患者に直面した際、時間と適切な治療が生存率に大きく影響することは承知しています。生存率の向上には、質の高いCPRと早期の除細動がきわめて重要です。1-3 質の高いCPRとはどういうものか、ガイドラインでは指針を示しています。4-5 しかしながら、いざ現場に居合わせた時、すべての医療従事者にとってチャレンジは続きます。

常に最善のパフォーマンスを実施するにはどうしたらよいのでしょうか?


患者は様々

Chest-depth-force-relationships

ガイドライン2010では、患者の胸骨を少なくとも5㎝圧迫することを推奨しています。しかしながら、5㎝に達したかどうかを判断するのは難しいです。胸部の堅さは、患者によって様々で、同じ指針に達するのに必要とされる力は患者により異なります。実際、Tomlinson et al (2007)は、患者への胸骨圧迫が、推奨されている深さに到達するには、1055kgの範囲の圧迫時の力を必要とすると示しています。6

sidebyside3

CPRメータはどのように貢献するか?

CPRメータには、加速度と圧力を測る2つのセンサが内蔵されています。加速度センサは、各圧迫時の胸壁の動きの深さとテンポを測定し、圧力センサは、CPR時に加えられた力を測定すると同時に、患者の胸骨が圧迫と圧迫の間に十分リリースされているかどうかを感知するためにも使われます。
このようにCPRのリアルタイムでのフィードバックが画面に表示されます。

加速度センサは、各圧迫時の胸壁の動きの深さとテンポを測定し、これを移動距離に換算します。圧迫深度センサは、CPR時に加えられた力を測定すると同時に、患者の胸骨が圧迫と圧迫の間に十分リリースできるかどうかを感知するためにも使われます。実施しているCPRのパラメータのリアルタイムでのフィードバックが画面に表示されます。これにより、レスポンダーが、個々の患者の体格に関係なく、ガイドラインに合致した胸骨圧迫を行えるようになります。

屋外での使用を想定し、困難な環境下においても CPRメータは頑丈で使いやすい仕様になっています。

販売名:CPRメータ
医療機器承認番号:22500BZX00382000
高度管理医療機器 

※本製品は、新生児、並びに8歳未満または25kg未満の小児に使用できません。

videoImage2

CPRメータの取扱方法の説明アニメーションは、クリックで視聴できます。(英語)

アニメーションは、個別に視聴できますが、「Play All」ボタンを押せば一度に視聴することもできます。

フィードバック画面

適切な圧迫深度、リリース、速さ

もっと深く押してください

リリースをしっかり行ってください

もっとゆっくり圧迫してください

圧迫中断時間

圧迫回数

screen1small

screen3small

screen2small

screen5small

screen4small

screen6small



質の確保 

突然の心停止からの生存率は、この25年間実質的に変化していませんが、最近の研究によれば、医療施設が体系的なQAおよびQIのプログラムを導入した場合、患者の転帰における有意な改善が可能であることが示されています。7-8

レールダルの最新のQ-CPR技術を使えば、CPRメータ™ が実施されたCPRイベントを記録し、データ化します。チームとしての改善を迅速化し、患者の転帰の改善のためベストプラクティスを確立する上で、この客観的な数値に基づいた報告・説明する機会は必須です。7-8

Q-CPRクイックレビュー画面

クイックレビュー画面で即座に確認することにより、適切なCPRか否か、または報告・説明時に改善余地はどこかなどを再確認することができます。
レビュー項目:適切な圧迫深度の割合、適切なリリースの割合、適切なテンポの割合、
          トータルCPR時間、CCFの割合  ※CCF:chest compression fraction 蘇生時間における胸骨圧迫比

reviewQ-CPR レビュー

CPRメータのマイクロSDカードに、CPRイベントデータを保存することができ、詳細なディブリーフィングが可能になります。Q-CPRレビューソフトウエアは下記を可能にします。
- 報告・説明用に、CPRの症例をグラフ化して表示
- 一つ一つのCPR症例報告書を作成し、印刷
- 複数例について、CPRイベントを表示

Q-CPR レビューソフトウエアは、質の高いCPRを実施するための改善プログラムが成功するデータを提供します。
 

CPRメータは、CPRの必須パラメータに関してリアルタイムのフィードバックを提供することにより、医療従事者質の高いCPRを提供できるよう導いてくれます。

参考文献:

1. Cobb LA, Fahrenbruch CE, Walsh TR, Copass MK, Olsufka M, Breskin M, Hallstrom AP.
Influence of cardiopulmonary resuscitation prior to defibrillation in patients with out-of-hospital ventricular fibrillation. JAMA. 1999; 281: 1182-1188.

2. Wik L, Hansen TB, Fylling F, Steen T, Vaagenes P, Auestad BH, Steen PA. Delaying defibrillation to give basic cardiopulmonary resuscitation to patients with out-of-hospital ventricular fibrillation: a randomized trial. JAMA. 2003; 289: 1389-1395.

3. Vilke GM, Chan TC, Dunford JV, Metz M, Ochs G, Smith A, Fisher R, Poste JC, McCallum-Brown L, Davis DP. The three-phase model of cardiac arrest as applied to ventricular fibrillation in a large, urban emergency medical services system. Resuscitation. 2005; 64: 341-346.

4. AHA guidelines for Cardiopulmonary Resuscitation & and Emergency Cardiovascular Care, Part 4: adult Basic Life Support. Circulation.2005;112(suppl IV).

5. ERC guidelines for Resuscitation 2005. Resuscitation 2005; 67(S1)

6. Tomlinson AE, Nysaether J, Kramer-Johansen J, Steen PA, Dorph E. Compression forcedepth relationship during out-of-hospital cardiopulmonary resuscitation. Resuscitation. 2007; 72: 364-370.

7. Dine CJ, Gersh RE, Leary M, Riegel BJ, Bellini LM, Abella BS. Improving cardiopulmonary resuscitation quality and resuscitation training by combining audiovisual feedback and debriefing. Crit Care Med. 2008; .

8. Edelson DP, Litzinger B, Arora V, Walsh D, Kim S, Lauderdale DS, Vanden Hoek TL, Becker LB, Abella BS. Improving in-hospital cardiac arrest process and outcomes with performance debriefing. Arch Intern Med. 2008; 168: 1063-1069

9. Wik L, Thowsen J, Steen PA. An automated voice advisory manikin system for training in basic life support without an instructor. A novel approach to CPR training. Resuscitation. 2001; 50: 167-172.

10. Wik L, Myklebust H, Auestad BH, Steen PA. Retention of basic life support skills 6 months after training with an automated voice advisory manikin system without instructor involvement. Resuscitation. 2002; 52: 273-279.

11. Data on File, Laerdal Medical AS. 2009

12. Chamberlain DA, Hazinski MF, European Resuscitation Council, American Heart Association, Heart and Stroke Foundation of Canada, Australia and New Zealand Resuscitation Council, Resuscitation Council of Southern Africa, Consejo Latino-Americano de Resuscitacion. Education in resuscitation. Resuscitation. 2003; 59: 11-43.

13. Kaye W, Mancini ME. (1986), "Retention of cardiopulmonary resuscitation skills by physicians, registered nurses, and the general public", Critical Care Medicine,14, 620-622.

14. Moser DK, Coleman S. (1992), "Recommendations for improving cardiopulmonary resuscitation skills retention", Heart Lung, 21, 372-380

15. Broomfield R. (1996), "A quasi-experimental research to investigate the retention of basic cardiopulmonary resuscitation skills and knowledge by qualified nurses following a course in professional development", Journal of Advanced Nursing, 23, 1016-1023.

16. Smith KK, Gilcreast D, Pierce K. (2008) Evaluation of staff 's retention of ACLS and BLS skills. Resuscitation;78: 59-65.