プレスリリース:SimPad シミュレーションをあなたの手のひらに

※2012年1月29日 ノルウェー スタバンガー発

シミュレーション教育の先駆者であるレールダル メディカル社は、SimPad でふたたび業界を
牽引するような革新をもたらします。

より安全な患者ケアを広めることの重要性が広く認識されるようになり、シミュレーショントレーニングはヘルスケア教育の根幹をなす重要な要素のひとつとなっています。SimPadは様々な分野のシミュレーションの教育者と協業し、ユーザのニーズに応えて設計されました。SimPadは簡単にシミュレーションを実行し、高い効果を得ることができ、さらに手に入りやすい製品です。

「レールダルのすべての社員が、我々のミッションである「Helping Save Lives」(救命への貢献)に尽力しています。そして我々はSimPadがシミュレーション教育を向上させる重要なツールになると心から信じています。最終的にはより多くの命を救うことができるのです。」
Tor Morten Osmundsen, レールダル メディカル社 CEO

大きく、直感的に操作できるタッチスクリーンを持つSimPadは、手に取ってすぐに使い始めることができ、シミュレーションを簡単に、効果的に実行できるようになります。SimPadのシステムは予め設計されたシナリオを用いた自動モードと、教育者がシミュレーションをカスタマイズできるマニュアルモードがあり、簡単にシミュレーション教育の幅を広げることができます。さらに、SimPadのシステムはワイヤレス患者モニターと一緒に利用することができます。

SimPadのシステムはバイタルサインやECGの記録、心音/肺音/腹部音/発声など、生理学的な患者パラメータを広く再現します。またログ機能によって教育者はシミュレーション結果を記録でき、ディブリーフィングや評価に役立てることができます。SimPadは持ち運びが簡単にできるので、いつでもどこでもシミュレーション教育を行うことができます。シミュレーション教育をもっと効率よく、効果的に提供できるのです。

SimPadは新旧のレールダル製シミュレータ/マネキンと組み合わせて活用できます。これにより新しい技術を既存の教育に取り入れることができ、現在のシミュレーション教育を活性化します。SimPadはレールダル製のバイタルシムと互換性があり、バイタルシム対応の標準的な患者トレーナ、タスクトレーナなど、マネキン以外の製品にも利用できます。SimPadを使えば、教育者は教育ツールの使い方を覚えるための時間を減らし、かわりに実際の教育に費やす時間を増やすことができるでしょう。

「SimPadは非常に直感的で簡単に操作できるので、使い方の習得にかける時間を最小限にできました。シミュレーションをサポートをしてくれるような教育者や技術者の力を借りずに、シミュレーションを行うことができます。」
Liza Nowicki, 看護教育者 ハートフォード病院

SimCenter と SimStore

SimPadはSimStoreを通じたコンテンツ提供を含む、SimCenterと呼ばれるレールダルの総合サービスと共に利用することでさらなる効果を得ることができます。シミュレーションプログラムが成功するには、より多くの患者シミュレータが必要となります。昨年販売を開始したレールダルのSimCenterは教育マネジメントツールや、ひとつひとつのシミュレーション教育をサポートし、効果を最大化するための評価ツールを提供しています。SimPadからAAP*1)、AHA*2)やNLN*3)といったヘルスケア産業をリードするいくつかの組織から提供を受けたシミュレーションシナリオの総合オンラインライブラリにアクセスできます。

教育を基礎としたシミュレーションを管理・実行できる新しくリリースされる予定のシステム、SimManagerと一緒に使えばSimPadは医療教育者にこれまでになかったようなサポートをもたらします。

*1)AAP(the American Academy of Pediatrics、米国小児科学会)
*2)AHA(the American Heart Association、米国心臓協会)
*3)NLN(the National League for Nursing、全米看護連盟)

「SimCenterの力によりサポートされるSimPadは、シミュレーションの新しい世界をヘルスケア産業にもたらします。そして、シミュレーションを簡単にし、救命への貢献という私たちの目標を達成するための第一歩を与えてくれるのです。」
Tor Morten Osmundsen, レールダル メディカル社 CEO

レールダル メディカル社について

世界のヘルスケアソリューションのリーディングカンパニーであるレールダル メディカル社は、「Helping Save Lives」(救命への貢献)をシミュレーション教育、気道管理、患者固定技術、BLS(一次救命処置)、ALS(二次救命処置)、患者ケア、自己学習、医学教育における製品やサービスを通じて一般の救助者から医療関係者まですべてのヘルスケアの提供者や教育者をサポートします。レールダル メディカル社は世界23カ国にオフィスを展開しており、本社はノルウェーのスタバンガーにあります。詳細は http://www.laerdal.com をご覧ください。

※本資料は、ノルウェー発2012年1月29日付けで、レールダル メディカル社が発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。