【製品の特長】

ナーシング アンは、総合的な患者ケアおよびアセスメントに関し、よりリアル且つバリエーションに富んだトレーニングを行えるよう開発された女性全身マネキンです。基本から各科の専門的な看護ケアに至るまでの様々なトレーニングに加え、更に乳房触診、乳房切除術後ケア、産後ケアなどのためのパーツが装着でき、成人女性に対するケアを幅広く網羅します。またSimPadと組み合わせて活用することで様々なECG調律や聴診音を再現、さらにオプションの専用患者モニタへ各種のパラメータを表示可能となります。単なる手技のトレーニングにとどまらず、実際の患者さんと向きあう時と同じように、個々の病状を常に考えながら、その時々に応じたケアをトレーニングすることが可能となっています。

 

【主なトレーニング項目】

・フィジカルアセスメント
  - 各種バイタルサインの確認

・ 産後ケア
  - 子宮底のアセスメントおよびマッサージ
  - 会陰裂傷、痔核のケア

・ 呼吸管理
  - 経口および経鼻エアウェイの挿入/吸引
  - 酸素療法
  - 気管切開孔ケア
  - 気管吸引

・ 輸液管理
  - 血管確保
  - 輸液ライン管理
  - 筋肉注射
  - 皮下注射

・ 栄養管理
  - 胃チューブの挿入、ケア、抜去
  - 経管栄養
  - 中心静脈栄養管理
  - 胃洗浄

・ 排泄管理
  - 導尿
  - 浣腸
  - 人工肛門ケア

・ 創瘡ケア
  - 褥瘡のアセスメントおよびケア
  - 腹部切開跡ケア(ペンローズドレーン付き)
  - 切断肢のケア
  - 大腿部の創瘡ケア、デブリドマン

・ 術後管理
  - 乳房切除術後ケア

・ その他
  - 乳房切除術後のケア
  - 乳房触診
  - 静脈瘤患者のケア
  - 糖尿病性壊疽のケア

ユーザー事例

看護カリキュラムへのシミュレーション教育の導入

演習期間の短縮や、臨床体験機会の減少といった背景のもと、ケンプテン看護学校では看護教育カリキュラムにシミュレーション教育を導入しました。 以前に比べて、学生の実践に向けた能力が向上していく様子を目の当たりにした教育者たちは、今後シミュレーション導入の動きがより多くの学校に広がることを期待しています。   詳細はこちら ›

シミュレーションで看護および助産科卒業生の仕事への準備をさせる

実体験のように感じることができるシミュレーションテクノロジは、職場準備ができた看護および助産科学生をシドニー工科大学 (UTS) から送り出すことができます。   詳細はこちら ›

フルダ大学は看護教育カリキュラムにシミュレーションを導入する

シミュレーショントレーニングは、学生が実際の患者と接する前に安全かつ守られた環境下で練習を行えることから、 教育課程において重要な部分をなしていると考えられている。   詳細はこちら ›