概要

背景:

内科研修医が専門医認定を受けるには二次救命処置(ACLS)の能力が必要である。従来のACLSコースでは、研修医がスキルを習得し維持できるようになるには限界があった。信頼できる評価方法とスキル保持の向上を特徴とした教育プログラムは、研修期間の教育に有用となるであろう。

方法:

私達は、医療シミュレータを使い、少人数グループでの指導形式で、集中的訓練の形をとるトレーニングプログラムを開発した。研修医は従来のACLS教育を受けた後、シミュレータを用いた2時間の教育セッションに4回参加した。標準化したチェックリストを用い、6つのACLSシミュレーションシナリオにて研修医のパフォーマンスを評価した。

結果:

プログラム受講後、研修医のACLSスキルは著しく向上した。その後、14か月にわたる前向きコホート研究を行ったところ、スキルは減衰していなかった。

結論:

シミュレーション教育プログラムを用いることにより、ACLSのシミュレーションで研修医のパフォーマンスを高レベルに到達させ、維持させることができた。能力のトレーニング・評価・維持を目的とした場合の従来の方法の限界を考えると、シミュレーション技術は質の高いACLS教育における有用な補助となる可能性がある。

Acad Med. 2006;81(10 Suppl):S9–S12.

 

Abstract

Background

Internal medicine residents must be competent in Advanced Cardiac Life Support (ACLS) for board certification. Traditional ACLS courses have limited ability to enable residents to achieve and maintain skills. Educational programs featuring reliable measurements and improved retention of skills would be useful for residency education.

Method

We developed a training program using a medical simulator, small-group teaching and deliberate practice. Residents received traditional ACLS education and subsequently participated in four two-hour educational sessions using the simulator. Resident performance in six simulated ACLS scenarios was assessed using a standardized checklist.

Results

After the program, resident ACLS skill improved significantly. The cohort was followed prospectively for 14 months and the skills did not decay.

Conclusions

Use of a simulation-based educational program enabled us to achieve and maintain high levels of resident performance in simulated ACLS events. Given the limitations of traditional methods to train, assess and maintain competence, simulation technology can be a useful adjunct in high-quality ACLS education.