概要:

緊急対策チームのトレーニング(CRMトレーニングのひとつ)は、臨時的なチーム編成の中でも協力しながらグループの目的を達成することに焦点を当てている。私達のプログラムは、あらかじめ設定された役割およびが個々の役割に応じたタスクに焦点を当てており、これらは制限時間を伴う客観的尺度で測定される。ファシリテータがディブリーフィング技術とケアの両方の専門家として立ち働かねばならない場合、そのコース内での一貫性およびトレーニングの質を保つことは難しいタスクとなる。高度な訓練を受けた専門的なファシリテータを求めれば、一度に多勢をトレーニングすることができなくなる。専門的知識の乏しいファシリテータであっても、同じ質のトレーニングを実施することのできるツールを作成すれば、トレーニングの質、信頼性、再現性が高まり、またトレーニングセンターにて教育できる人数も増加する。このハードルを克服するために、インターネットを利用した次の内容のインタラクティブなファシリテータ用ウェブサイトを開発した。

1) 生徒のディブリーフィング中にインストラクタを手助けする、ディブリーフィング用のオープンエンド形式の質問チェックリスト

2) ナビゲーションツール(ビデオ、スコアシート、パフォーマンスグラフ、例証、指導スライドセットを切り替えて使用できる)

3) 各ディブリーフィングの目標に焦点を当てた「指導ポイント」のライブラリ

4) 注意すべき点をファシリテータにわかるように強調した、誤った行動と適切な行動を含むシミュレーションライブラリ

作成したツールにはチェックリストが付随しており、このアプローチでは、ディブリーフィング時の指導ポイント、タスク、尋ねるべき質問を確実に網羅することにより、専門家でなくかつ熟練してはいないが、能力のあるインストラクタが専門的なディブリーフィングを指導することができるようになる。各セッションのディブリーフィングには役割の習得のような全体目標があり、続いていくつかのセクションに分けられている。それぞれのセクションでは最も重要な焦点が定められている。インストラクタは各タスクと質問を理解し、それぞれの項目にチェックをつけなければならない。チェックリストにあるすべての項目を終えるまで次のセクションに進むことはできない。また、ウェブページは、WISER(Winter Institute for Simulation, Education and Research:ピッツバーグ大学のシミュレーションセンター)で実施されている他のコース用にも使用できるようにデザインされている。

Abstract:

Crisis team training (a form of crisis resource management training) focuses on helping ad hoc teams function together to attain group goals. Our program focuses on predetermined roles and role-appropriate tasks, coupled with an objective set of performance measures within time limits. Consistency and quality of debriefing within a course is a difficult task when facilitators have to be experts in both debriefing techniques and the model of care. The need for highly trained, expert facilitators limits the ability to mass train. Creation of tools that enable a lower level trainer who can deliver the same quality of training would benefit quality, reliability, reproducibility and throughput of training centers. To overcome this hurdle, we have developed a web-based, interactive facilitator website that includes:

1) A checklist of open ended debriefing questions to prompt instructors while debriefing students;

2) Navigation tools (to “toggle” between videos, scoring sheets, performance graphs, citations, and the teaching slide set);

3) A library of “teaching points” which focus on the goal of each debriefing;

4) A library of simulations with errors and appropriate behaviors highlighted to teach facilitators what to look for.

Our tool utilizes a checklist approach that allows competent (not expert) instructors to provide expert (not competent) debriefing by ensuring that they cover all teaching points, tasks, and ask questions during the debriefings. Each session debriefing has an overall goal (for example: role acquisition) and is subsequently divided into sections with central foci for each section. Instructors must check off each task and question acknowledging that they have been covered. The instructor cannot move onto the next section without having completed everything on the checklist. The web pages are designed in a way that they can be modified to be used with other courses taught at WISER.