概要:

ALINEは、看護教員の学習を受動的なものから能動的なものに変化させるのを支援するために開発された教授モデルである。ALINEはコンストラクショニスト理論に基づいて、オンラインカリキュラムの作成や教室内での交流のためのツールとして機能し、学生を能動的にさせ、インストラクタが看護のファシリテータとなるようサポートする。

大多数の教員はインターネットが決定的な学習の変化をもたらしたことに同意を示している。全米看護学校認定委員会(The National League for Nursing Accrediting Commission)によって認定されたプログラムの調査では、回答施設は遠隔教育学級の追加や計画を行ったことがあることが示された(1)。Draves(2)は、21世紀の前半にはオンライン学習が学習機会および正式な教育提供の全体の50%を占めることになると推定している。今ではコンピュータが教育環境に組み込まれているため、教育工学に申し訳程度にしか取り組んでいない教員は、有望な生徒を他校に奪われる危険にさらされている。

Abstract:

ALINE is a pedagogical model developed to aid nursing faculty transition from passive to active learning. Based on constructionist theory, ALINE serves as a tool for organizing curriculum for online and classroom based interaction and permits positioning the student as the active player and the instructor, the facilitator to nursing competency.

Most faculty members agree the internet has irrevocably changed learning. A survey of programs accredited by The National League for Nursing Accrediting Commission showed institutions responding had or planned to add distance education classes. (1). Draves (2) has estimated online learning will make up 50% of all learning opportunities and formal education offerings in the first half of the 21st century. Now that computers are integrated into the teaching environment, faculties giving token effort to instructional technology are at risk of losing promising students to other schools.