目的:

麻酔科医の卒後教育および継続教育におけるシミュレーションに基づく教育を阻む障壁は、まだ十分に研究されていない。私達は、トレーニングのレベルがシミュレーション教育に対する姿勢を左右し、シミュレーションの利用に影響するという仮説を立てた。本研究ではこの問題について、高機能患者シミュレータを備えた2つのサイトを所有するトロント大学で調査を行った。

方法:

経験、見識、意欲およびシミュレーション教育を阻む障壁の認識に関する40の質問から成るアンケートを、学会に参加している麻酔科医154名に配布した。記述統計を用いてデータを分析し、カイ二乗統計量または一元配置分散分析を用いて回答間の関連性を評価した。

結果:

回答率は58%であった。研修医はスタッフ(58%)およびフェロー(36%)よりも多くシミュレーション教育を経験していた(96%)(それぞれP<0.001)。研修医はまた、スタッフやフェローよりも多くシミュレーションセッションに参加していた(平均値2.8対1.05および1.04、それぞれP<0.001)。研修医およびフェローはスタッフよりも、シミュレーション教育は自分たちのトレーニングにとって有意義であると考えていることが多かった(88%対65%、P<0.05)。回答者の81%が、シミュレータによるセッションに参加することを阻んだり制限したりする大きな障壁を最低1つ挙げた。麻酔科のスタッフは複数の障壁の存在を認識しており、大きな障壁として「時間」と「財政的問題」を特定している。

結論:

麻酔科医のトレーニングレベルが、シミュレーション教育に対する態度を左右する。シミュレーションの幅広い利用を制限する可能性があると認識された障壁がこの調査から特定された。これらの結果は、コースデザイン、インセンティブおよび情報戦略などの的をしぼった対策を実施する際や、将来的にシミュレーションの利用を促進するために役立つ可能性をひめている。 


Abstract

Methods

A 40-question survey of experiences, perceptions, motivations and perceived barriers to simulation-based education, was distributed to 154 anesthesiologists attending a departmental conference. Data were analyzed using descriptive statistics and associations between responses were assessed using either the Chi-Square statistic or a one-way analysis of variance.

Results

The rate of response was 58%. Residents had experienced simulation-based education (96%) more often than staff (58%) and fellows (36%), (P < 0.001 respectively). Residents had also attended more simulation sessions than staff and fellows (mean 2.8 vs 1.05 and 1.04, P < 0.001 respectively). Residents and fellows found simulation-based education more relevant for their training than staff (88% vs 65%, P < 0.05). Eighty-one percent of the respondents identified at least one significant barrier that prevents or limits them from attending simulator sessions. Staff anesthesiologists perceived multiple barriers and identified ‘time’ and ‘financial issues’ as significant barriers.

Conclusion

Anesthesiologists’ level of training influences their attitudes towards and their perceptions of simulation-based education. This survey has identified perceived barriers that may limit a wider utilization of simulation. These results may be used to implement targeted actions such as course design, incentives, and information strategies, which could improve access and future use of simulation.

Purpose

Barriers to simulation-based education in postgraduate and continuing education for anesthesiologists have not been well studied. We hypothesized that the level of training may influence attitudes towards simulation-based education and impact on the use of simulation. This study investigated this issue at the University of Toronto which possesses two sites equipped with high-fidelity patient simulators.