概要:

序論:

救急部門における蘇生においては、さまざまな職種によって構成されるチームによる連携的な取り組みが必要とされる。ヒューマンエラーは頻繁に発生するものであり、患者の安全面に悪影響を及ぼす。また、CRMスキルは他の臨床分野においても活用され、救急医療に従事する者のほとんどが正式なCRMトレーニングを受けていないという現状がある。

目的:

カナダにおける2つの病院(教育機関)において、救急医療に携わる医師、看護師、レジデントを対象とし、CRMトレーンング中の姿勢に関する情報を収集して比較する。

方法:

救急医、レジデントおよび看護師を対象に、ライカースケールと短い質問事項を含むWebアンケートを実施した。進捗報告に際しては、[フォーカスグループ法]および[パイロット実験]が使用された。データの質の分析には主題内容分析(thematic content analysis)を実施し、量的な結果と比較した。

結果:

回答率75.7%(N=84).救急部門での蘇生に関するCRM原則のコアの部分については強いコンセンサスが得られた(すなわち、効果的なコミュニケーション、チームリーダーシップ、リソースの利用、問題解決、状況認識である)。有害なケースに関する共通事項として、チームアクションのコーディネーション(58.8%)、コミュニケーション(69.6%)、優先順位の設定(41.3%)に関する問題があった。また、CRMトレーニングによる利点として他分野にまたがるコラボレーション(95.1%)、ペイシェントケアの効果(83.9%)、医療ミスの減少(82.6%)、といった点が提示された。94.4%の看護師および59.7%の救急医(p=0.008)にとって分野間のコミュニケーションという点が効果的な救急部門での蘇生の障害になっている。64.3%のレジデントは人前にさらされる機会が不足している(lack of exposure)と感じており、96.4%がヒューマンペイシェントシミュレータを使った正式なCRM教育に興味を持っていた。

結論:

看護師は医師よりも、コミュニケーションがチームワークにおける障害だと強く感じている。救急医はCRMスキルの取得を熱望している。救急チームのパフォーマンスを改善し、ヒューマンエラーを削減するために、分野間にまたがる新しいCRMカリキュラムを作成する必要がある。

Abstract:

Introduction:
Emergency department (ED) resuscitation requires the coordinated efforts of an interdisciplinary team. Human errors are common and have a negative impact on patient safety. Although crisis resource management (CRM) skills are utilized in other clinical domains, most emergency medicine (EM) caregivers currently receive no formal CRM training.

Objectives:
The objectives were to compile and compare attitudes toward CRM training among EM staff physicians, nurses, and residents at two Canadian academic teaching hospitals.

Methods:
Emergency physicians (EPs), residents, and nurses were asked to complete a Web survey that included Likert scales and short answer questions. Focus groups and pilot testing were used to inform survey development. Thematic content analysis was performed on the qualitative data set and compared to quantitative results.

Results:
The response rate was 75.7% (N = 84). There was strong consensus regarding the importance of
core CRM principles (i.e., effective communication, team leadership, resource utilization, problem-solving,situational awareness) in ED resuscitation. Problems with coordinating team actions (58.8%), communication(69.6%), and establishing priorities (41.3%) were among factors implicated in adverse events.Interdisciplinary collaboration (95.1%), efficiency of patient care (83.9%), and decreased medical error(82.6%) were proposed benefits of CRM training. Communication between disciplines is a barrier to effective ED resuscitation for 94.4% of nurses and 59.7% of EPs (p = 0.008). Residents reported a lack of exposure to (64.3%), yet had interest in (96.4%) formal CRM education using human patient simulation.

Conclusions:
Nurses rate communication as a barrier to teamwork more frequently than physicians. EM  residents are keen to learn CRM skills. An opportunity exists to create a novel interdisciplinary CRM curriculum to improve EM team performance and mitigate human error.