概要:

従来、職業的な専門家としての力量は、経験の長さ、評判および知識とスキルの熟達度が認知されることで判断されてきた。残念ながら、近年の研究では、これらの専門家としての力量の指標と実際のパフォーマンスとは関連性が弱いことが示されている。実際、観測されたパフォーマンスは職業的な経験の豊かさと必ずしも相関していない。しかし、専門家としてのパフォーマンスは、特定のタスクの向上に焦点を当てたトレーニング(通常、教師やコーチがデザインされる)が実施される集中的訓練(DP)を積極的に行うことによってもたらされる。また、DPにはフィードバックの即時提供、問題の解決および評価の時間、行動改善のための反復的なパフォーマンスの機会が含まれている。本論文は、医療における専門家としてのパフォーマンスの向上への洞察を与えてくれる、チェス、音楽、タイピング、スポーツなどの他の領域で確立されたDP原理を参考にしている。

Abstract:

Traditionally, professional expertise has been judged by length of experience, reputation, and perceived mastery of knowledge and skill. Unfortunately, recent research demonstrates only a weak relationship between these indicators of expertise and actual, observed performance. In fact, observed performance does not necessarily correlate with greater professional experience. Expert performance can, however,be traced to active engagement in deliberate practice (DP), where training (often designed and arranged by their teachers and coaches) is focused on improving particular tasks. DP also involves the provision of immediate feedback, time for problem-solving and evaluation, and opportunities for repeated performance to refine behavior. In this article, we draw upon the principles of DP established in other domains, such as chess, music, typing, and sports to provide insight into developing expert performance in medicine.