概要:

医療分野における専門技術の開発は救急医療(EM)のトレーニングに不可欠である。本論文は、米国救急医学会議(SAEM)の利益団体である医療教育委員会のSAEMテクノロジーのメンバーで構成された専門委員会の研究結果であり、2008年救急医学学会(2008Academic Emergency Medicine Consensus Conference)「医療におけるシミュレーション科学(SSH_)」にて出された意見である。執筆グループは、EMトレーニング、バーチャルリアリティーを用いたトレーニングおよび教育学習理論と密接に結びついた医療手技についての、シミュレーションに関する文献のレビューを行った。これは、これらの文献がスキル習得と医療手技スキルの減衰に関係しているためである。著者らは、技術的専門知識の教授におけるシミュレーションの役割を論じており、効果的な学習につながるトレーニング状況を特定し、今後の研究の焦点となる推奨事項を提示している。

Abstract:

Developing technical expertise in medical procedures is an integral component of emergency medicine (EM) practice and training. This article is the work of an expert panel composed of members from the Society for Academic Emergency Medicine (SAEM) Interest Group, the SAEM Technology in Medical Education Committee, and opinions derived from the May 2008 Academic Emergency Medicine Consensus Conference, ‘‘The Science of Simulation in Healthcare.’’ The writing group reviewed the simulation literature on procedures germane to EM training, virtual reality training, and instructional learning theory as it pertains to skill acquisition and procedural skills decay. The authors discuss the role of simulation in teaching technical expertise, identify training conditions that lead to effective learning, and provide recommendations for future foci of research.