効果

概要

目的:

本報告は、過去に発表された大規模な定性的レビューから抜粋した32の調査研究を含む、実際の現場を想定したシミュレーションに基づいた医療教育に関する31稿の学術論文の一部を統合したものである。これらの研究は、定量的統合を可能にする適切なデータを提示していることから選んだ。私達は、シミュレーションに基づいた医療教育における数時間の訓練と学習成果の標準化との関係が、比較効果が高いと評価されると仮定した。

方法:

学術論文を5つの選択基準と除外基準を用いて選別した。反応データを抽出し、3人の判定者が個別に各研究をコード化した。個々の研究の反応の評価基準が不均一であるため、一般的な測定基準である比較効果の高い平均値(AWES)を用いて学習成果の標準化を行った。5つのカテゴリーに割り当てた高機能医療シミュレータでの訓練時間によって生じたAWESの差異の評価を、分散分析(ANOVA:analysis of variance)を用いて行った。イータ2乗による統計を用い、AWESとシミュレータでの訓練時間との関係を評価した。

結果:

高機能医療シミュレータでの訓練時間と標準化された学習の成果とは大きく関連していた。この関係は量反応関係に近いものである。

結論:

高機能シミュレータでの訓練時間は、医療教育における学習成果の標準化と肯定的で機能的な関係がある。この分野の医療教育研究を促進させるには、より正確な調査方法と学術誌のより厳密な編集方針が求められる。 

 

Abstract

Methods

Journal articles were screened using 5 exclusion and inclusion criteria. Response data were extracted and 3 judges independently coded each study. Learning outcomes were standardised using a common metric, the average weighted effect size (AWES), due to the heterogeneity of response measures in individual studies. ANOVA was used to evaluate AWES differences due to hours of practice on a highfidelity medical simulator cast in 5 categories. The eta squared statistic was used to assess the association between AWES and simulator practice hours.

Results

There is a strong association between hours of practice on high-fidelity medical simulators and standardised learning outcomes. The association approximates a dose–response relationship.

Conclusions

Hours of high-fidelity simulator practice have a positive, functional relationship with standardised learning outcomes in medical education. More rigorous research methods and more stringent journal editorial policies are needed to advance this field of medical education research.



Objectives

This report synthesises a subset of 31 journal articles on high-fidelity simulation-based medical education containing 32 research studies drawn from a larger qualitative review published previously. These studies were selected because they present adequate data to allow for quantitative synthesis. We hypothesised an association between hours of practice in simulation-based medical education and standardised learning outcomes measured as weighted effect sizes.