概要:

過去10年にわたり、医療シミュレーションは今や教育カリキュラムで一般的に用いられるところまで発展してきた。にもかかわらず、新しいインストラクターやオペレーターがシミュレーションの一般的な総論を学習するのに役立つ最新情報はほとんどない。本稿の目的は、シミュレーションインストラクター志願者に、基本的な概念および患者シミュレーションに対する実践的なアプローチを提供することである。主に、フルスケールシミュレーションまたは実際の現場を想定したシミュレーションに焦点を当てている。本稿は以下の事項を目的としている。(a) インストラクターにフルスケールシミュレーションを使った教育が行えるようにすること。(b) シミュレーションの複雑性と専門用語の一部を教授すること。(c) 正式なインストラクタコースのカリキュラムを用意し、補うこと。(d) シミュレーションを成功させるために必要な基本的要素を教授すること。本稿はシミュレーションユニットを使用することで得られる実戦的経験を補うものとして利用すべきである。

 

Abstract

Over the past decade, medical simulation has developed to a point where it now is poised to become ubiquitous in teaching curricula. Despite this experience, there is little up-to-date information to help new instructors and operators learn the general principles of simulation. The purpose of this article is to provide prospective simulation instructors with basic concepts and a practical approach to patient simulation. The main focus is on full-scale or high fidelity simulation. The article is intended to (a) prepare instructors to use fullscale simulation to educate students; (b) teach some of the complexities and terminology of simulation; (c) prepare for and complement the curriculum of a formal instructor course; and (d) teach the basic elements required to run a successful simulation. This article should be used as an adjunct to practical experience gained from using simulation units.