周産期チームは患者を危険にさらしたり訴訟を起こされるリスクを負ったりすることなく、緊急事態に対処する練習をすることができる。この点に関し、病院や保険会社が注目している。

多くの産科医長(あなたもその一人かもしれないが)は、インターンまたは前期研修医としてベテランの産科看護師や後期研修医の指導を受けながら初めて経腟分娩を行ったときのことを鮮明に覚えている。「先輩の行為を見て、自分で行い、後輩に伝える(See one, do one, teach one)」とは、大規模な教育病院における不文律であるが、多くの古参医師の学習環境をうまく特徴づけている。

残念ながら、今日の産科研修医や産科医は大きく異なる状況に直面している。研修医の勤務時間制限、監督を行う担当教授を減少させている財政的圧力、医療過誤訴訟によって促進される警戒感など、これらすべてが原因となりそうした教育症例が少なくなったのである。では、トレーニング中の医師は訓練の必要なスキルをどのようにして習得すればよいのか。また、ベテランの臨床医が、まれにしか用いないが不可欠なスキルに磨きをかけるには、どうしたらよいのか。

その答えは、本稿で述べているシミュレーションの教育技術の中に見出すことができると私達は考えている。

シミュレーションによって医師は、訓練を行い、経験を積み、再訓練を受ける機会が得られる。教育カリキュラムを補強し、明らかな裏付けがないとはいえ、患者の安全性を向上させ有害な転帰の可能性を減少させる信頼にたる方法をこの技術は提供してくれる。 そのため、一部の医療過誤保険業者はシミュレーショントレーニングを安全とリスク軽減の構想に取り入れている。

Perinatal teams can practice handling emergencies without endangering patients or risking litigation. Hospitals and insurers are taking notice.

Many senior obstetricians—you may be among them—have vivid recall of performing their first vaginal delivery as an intern or junior resident, guided by a seasoned obstetric nurse or senior resident. “See one, do one, teach one,” an unwritten motto at large teaching hospitals, aptly characterized the learning environment for many older physicians.

Regrettably, obstetric residents and fellows today face a very different situation. Restrictions on residents’ working hours, financial pressures that make attending faculty less available for supervision, and wariness prompted by malpractice litigation—all these have made such teaching cases less available. So, how can physicians-in-training acquire the skills they will need in practice? And how can experienced clinicians breathe life back into skills that they use infrequently but are nonetheless critical?

We believe the answer can be found in the educational technique of simulation, which we describe in this article.

Simulation provides opportunities for physicians to practice, gain experience, and refresh. The technique offers a credible way to augment the educational curriculum and, even in the absence of unequivocal proof, to improve patient safety and reduce the likelihood of adverse outcomes.1 For that reason, some malpractice insurers are making simulation training part of their safety and risk reduction initiatives.