概要

目的:

新生児の救急蘇生を成功させるために必要なスキルの習得および維持は通常、テキストやビデオ、マネキンを用いた画一的なトレーニングコースを修了することと併せ、実際の分娩室でのヒトの新生児の救急蘇生に能動的に参加することで達成される。私達は、テキストと現実とのギャップを埋め、受講者の満足度をプログラムの要素で評価すべく、新生児の救急蘇生におけるシミュレーションに基づくトレーニングプログラム(新生児シミュレーション)を開発した。

方法:

38名の被験者(医師および看護師)が、それぞれ新生児シミュレーションの9つの終日プログラムのうちの1つに参加した。それらのプログラムでは、実物そっくりな新生児や妊婦のマネキンと実際の医療機器を用い、講義形式やハンズオンを組み合わせた形で集中治療のシナリオに取り組むものであった。被験者は終了した時点でプログラム全般を評価することが求められた。

結果:

被験者はこのプログラムのほぼすべての面に関し、高いレベルの満足度を示した。自由回答式質問に対する回答では、シミュレーションに基づいたトレーニングについて特に熱心な記述がみられた。プログラムの限界は、新生児マネキンが実際の新生児を忠実に再現しきれていなかったことであった。

結論:

リアルなシミュレーションに基づく新生児救急蘇生トレーニングは、現在の科学技術を使えば実現可能であり、研修医の評判がよく、医療教育の従来のパラダイムにはない利益が得られる。

Pediatrics 2000;106(4). URL: http://www.pediatrics.org/cgi/content/full/106/4/e45; neonatal resuscitation, simulation, medical education. 

 

Abstract

Objectives

Acquisition and maintenance of the skills necessary for successful resuscitation of the neonate are typically accomplished by a combination of completion of standardized training courses using textbooks, videotape, and manikins together with active participation in the resuscitation of human neonates in the real delivery room. We developed a simulation-based training program in neonatal resuscitation (NeoSim) to bridge the gap between textbook and real life and to assess trainee satisfaction with the elements of this program.

Methods

Thirty-eight subjects (physicians and nurses) participated in 1 of 9 full-day NeoSim programs combining didactic instruction with active, hands-on participation in intensive scenarios involving life-like neonatal and maternal manikins and real medical equipment. Subjects were asked to complete an extensive evaluation of all elements of the program on its conclusion.

Results

The subjects expressed high levels of satisfaction with nearly all aspects of this novel program. Responses to open-ended questions were especially enthusiastic in describing the realistic nature of simulation based training. The major limitation of the program was the lack of fidelity of the neonatal manikin to a human neonate.

Conclusion

Realistic simulation-based training in neonatal resuscitation is possible using current technology, is well received by trainees, and offers benefits not inherent in traditional paradigms of medical education.