要約:

シミュレーションは方法であり、科学技術ではない。しかしながら、科学技術はシミュレーションの中で重要部分を担っている。商業航空、航空宇宙、原子力発電、軍事などの人命に対するリスクの高い仕事に携わる人々へのシミュレーショントレーニングの有用性は、文書で十分に裏付けられている。いずれも通常、生命を脅かす事態をシミュレートしており、学習者は自身や他者へのリスクを伴わずにこれらの事態の管理を訓練できる。シミュレーションに基づいた特定の種類のトレーニングはすでに医療でも利用されている。CPRマネキンでの胸骨圧迫学習や、スタンダードペイシェントへの問診は2つの例としてあげられる。しかし、一般的に、この方法を用いて人的なパフォーマンスを向上させることに関し、医療は他の産業や職業に遅れをとっている。 

要約:

シミュレーションは方法であり、科学技術ではない。しかしながら、科学技術はシミュレーションの中で重要部分を担っている。商業航空、航空宇宙、原子力発電、軍事などの人命に対するリスクの高い仕事に携わる人々へのシミュレーショントレーニングの有用性は、文書で十分に裏付けられている。いずれも通常、生命を脅かす事態をシミュレートしており、学習者は自身や他者へのリスクを伴わずにこれらの事態の管理を訓練できる。シミュレーションに基づいた特定の種類のトレーニングはすでに医療でも利用されている。CPRマネキンでの胸骨圧迫学習や、スタンダードペイシェントへの問診は2つの例としてあげられる。しかし、一般的に、この方法を用いて人的なパフォーマンスを向上させることに関し、医療は他の産業や職業に遅れをとっている。


Abstract

Simulation is a methodology, not a technology, although technology plays a significant role in some forms of simulation. Its utility is well documented in training people who work in jobs where the risk to human life is high: Commercial aviation, aerospace, nuclear power, and the military all routinely simulate potentially life-threatening situations and allow their trainees to practice management of these situations without risk to themselves or others. Certain types of simulation-based training have also been used in medicine; learning chest compressions on CPR mannequins and interviewing standardized patients are 2 examples. In general, however, medicine has lagged behind other industries and professions in using this methodology to improve human performance.