概要

目的:

 本研究は、新生児科および産科の専門医間のコミュニケーションと協力体制を向上させることを目的とした。バーモント・オックスフォード・ネットワークの「新生児・周産期医学におけるエビデンスに基づいた共同的な質の改善(Evidence-Based Quality Improvement Collaborative in Neonatal and Perinatal Medicine)」の5つの新生児集中治療室(NICU)においては、産科とNICUのケアに共通する潜在的なベタープラクティスを検証した。

方法:

プラクティスが向上した1つの領域は、生死の境にいる妊娠のマネージメントであった。その他には、リスクの高い分娩時のチームパフォーマンスを改善するために、航空学に基づいたコミュニケーション技術を用いてチームトレーニングやビデオによるシミュレーションを行った。共同研究ではさらに、周産期と新生児期の予後を総合的に評価するための多施設データベースの作成に焦点を当てた。

結果:

主な結果としては、新生児科・産科間のチームワークによる患者の満足度の向上、緊急分娩に対するチームの反応時間の短縮、高リスク分娩のビデオによるシミュレーション時のチームのコミュニケーションスキル使用の増加がみられた。

結論:

潜在的なこれらのベタープラクティスの実行により、周産期・新生児ケアに関連したコミュニケーションおよび共同体制を改善することができる。

ABSTRACT

OBJECTIVE. The objective of this study was to make improvements in communication and collaboration between neonatal and obstetric specialties. Five NICUs from the Vermont Oxford Network's Evidence-Based Quality Improvement Collaborative in Neonatal and Perinatal Medicine tested potentially better practices that overlap obstetric and NICU care.

METHODS. One area of practice improvement was the management of the pregnancy at the margin of viability. Another included the use of team training and video simulation to improve team performance during high-risk deliveries using aviation-based communication techniques. Another focus of the collaborative was the creation of a multicenter database to measure combined perinatal and neonatal outcomes.

RESULTS. The principle outcomes are increased patient satisfaction with teamwork between neonatology and obstetric services and improved team response times for emergent deliveries and the increased use of team communication skills during video simulations of high-risk deliveries.

CONCLUSIONS. Implementing these potentially better practices can result in improved communication and collaboration related to perinatal and neonatal care.