概要:

2008年5月28日にワシントンDCで開催された2008年救急医学学会(2008Academic Emergency Medicine Consensus Conference)「医療におけるシミュレーション科学:臨床専門技能の定義と育成」のコンセンサスグループは、救急医療(EM)における個人の専門技能の育成にシミュレーションを用いることに着目した。この領域における仮説の解明・改良・検定を行うためには、方法論的に理にかなった定性的かつ定量的な研究が必要となる。主に次の6つのテーマを中心に論じされた。すなわち、専門家の行動の研究を目的としたシミュレーションの活用、短期間での臨床医の総括的な能力の向上、シミュレーション環境内での指導戦略の最適化、シミュレーションを活用した診断やパフォーマンスの修正、および実際の環境への学習内容の移行である。これらの問題に答えを出すには、医療、認知心理学、教育などの各分野の継続的な共同研究が必要とされる。

 

Abstract:
This consensus group from the 2008 Academic Emergency Medicine Consensus Conference, "The Science of Simulation in Healthcare: Defining and Developing Clinical Expertise," held in Washington, DC, May 28, 2008, focused on the use of simulation for the development of individual expertise in emergency medicine (EM). Methodologically sound qualitative and quantitative research will be needed to illuminate, refine, and test hypotheses in this area. The discussion focused around six primary topics: the use of simulation to study the behavior of experts, improving the overall competence of clinicians in the shortest time possible, optimizing teaching strategies within the simulation environment, using simulation to diagnose and remediate performance problems, and transferring learning to the real-world environment. Continued collaboration between academic communities that include medicine, cognitive psychology, and education will be required to answer these questions