概要:

医療全体にわたり、チームワークは効果的な患者ケアの重要な要素である。それにもかかわらず、多数のトレーニングプログラムでチームパフォーマンスが望ましい結果に達しないことがある。航空団体や軍事団体においては、シミュレーションに基づいたトレーニング(SBT)をチームトレーニングや評価に利用することに成功していることから、医療においてもチームワークの改善が期待されている。本コンセンサスにおていては、1)SBTのデザインおよび評価のための科学的な方法の提唱、2)医療における既存のチームパフォーマンス評価基準のレビューおよび推奨事項の提示、3)SBTの目標としてのリーダーシップ に着目している。なぜならSBTは多くのチームプロセス、ひいてはチームパフォーマンスを向上させる可能性が高いためである。救急医療(EM)およびさまざまな医療分野においてこの議論が、チームワークのトレーニングおよび評価用のSBTをデザインし伝達する上で役立つことが期待される。

 

Abstract

Across health care, teamwork is a critical element for effective patient care. Yet, numerous well-intentioned training programs may fail to achieve the desired outcomes in team performance. Hope for the improvement of teamwork in health care is provided by the success of the aviation and military communities in utilizing simulation-based training (SBT) for training and evaluating teams. This consensus paper 1) proposes a scientifically based methodology for SBT design and evaluation, 2) reviews existing team performance metrics in health care along with recommendations, and 3) focuses on leadership as a target for SBT because it has a high likelihood to improve many team processes and ultimately performance. It is hoped that this discussion will assist those in emergency medicine (EM) and the larger health care field in the design and delivery of SBT for training and evaluating teamwork.