in-situシミュレーション ドキュメントはこちら

 

近年in-situシミュレーションというシミュレーション手法の評価が高まってきています。現在はシミュレーションラボのような擬似環境でのシミュレーション実施が主流となっていますが、実際の臨床現場を活用してのシミュレーションにより得られるメリットが明らかになってきたためです。

 

この手法は急速に発展しつつあり、病院の内外でさらに幅広い利用が見込まれています。 しかし、in-situシミュレーションの内容はまだ体系化された実績が多くはなく、実現へのハードルが高いものがありました。 そのような状況をうけ、この度レールダルでは、
in-situシミュレーションに関するドキュメントを作成致しました。

 

ドキュメントには、in-situシミュレーションの長所と短所についても定義し、この手法の実施と効果的な利用に関して想定されるガイドラインとなる記載もあります。

 

ドキュメント本文は、以下の構成からなります。

 

目次

 

1.    序... 3

2.    医療シミュレーション... 3

3.    シミュレーションセンターの創設と運営... 5

4.    in-situシミュレーション... 6

5.    in-situシミュレーションの長所9,.10....7

6.    in-situシミュレーションを実施する際の課題9, 10... 8

7.    in-situシミュレーションの準備... 9

8.    in-situシミュレーションに必要な機器... 14

A.      SimMan ALS... 15

B.      SimMan PLUS... 17

C.      患者モニタ... 18

D.      SimStore... 19

E.      SimView Mobile... 19

F.      レールダルのサービス... 20

1.      教育サービス... 20

2.      技術サービス... 21

G.     オペレータの派遣... 21

9.    レールダルのサポート... 22

10.  終わりに... 23

11.  参考文献... 24

 

 in-situシミュレーション ドキュメントはこちら