フィードバック装置付きレサシアン with QCPR
と レサシベビー with QCPR の使用方法

レサシアンwith QCPR®は2種類のフィードバックオプションを選択することができます。客観的な測定、評価および質のフィードバックは受講者のスキルを向上させる重要な要素となります。

   

製品の利点

レサシアンwith QCPR®は下記の項目のトレーニングが可能です。

  • CPR実技の測定
  • 実技結果の評価
  • インストラクターへの有用なフィードバックの補助


新しいフィードバック装置による受講者への利点:

  • スキルを向上させるための方法を明確にフィードバック
  • ディブリーフィングを通じてスキルを向上させる機会の提供
  • さらに効果的に「リアルタイムに」指導し、トレーニングの記録を保存、分析することにより、高い教育効果をもたらす

製品の特徴

  • 頭部後屈、顎先挙上、圧迫深度、圧迫速さおよび胸の上がりなどのリアルな解剖学的特徴。
  • センサーが正確な手の位置を指示。
  • 換気システムにより、バッグバルブマスクや口対口を用いた人工呼吸トレーニング際に適切な胸の上がりを実感。
  • 測定およびフィードバック機能を強化。
  • SimPadスキルレポータとのワイヤレス接続。
  • スキルガイドまたはSimPadスキルレポータとの有線接続。
  • ガイドライン2010に対応。
  • 異なる胸の硬さをシミュレート-付け替え用スプリング2個(硬:約60 kg、軟:約30 kg)を同梱しています。出荷時には、ガ イドライン記載の圧迫深さで中程度のスプリング(約45 kg)が取り付けられています。(予定)
  • より効率的で低コストな除細動トレーニングのためのShockLinkと互換性あり。

レサシアン with QCPR®は下記のフィードバック装置*とともに動作します。

*フィードバック装置のご注文は別途お願いいたします。CPRマネキンには付属されません。

SimPad スキルレポータ

簡単な操作とワイヤレス化により、高い質のCPRを目指すトレーニングが可能です。レサシアン with QCPR®マネキンと接続し、的確なリアルタイムでのフィードバック、さまざまな角度から客観的数値によるディブリーフィングが可能です。  

スキルレポータについてさらに詳しく

スキルガイド

リアルタイムにフィードバックし、1回のセッション毎にデブリーフィングが可能です。

スキルガイドについてさらに詳しく

 


レサシアン ワイヤレス スキルレポータ

Microsoft Windowsにのみ対応。使いやすいQCPRトレーニングソリューションを提供します。

レサシアン ワイヤレス スキルレポータについてさらに詳しく


あなたのResusci Anne QCPRを、学習目的に合わせてカスタマイズしましょう

Resusci Anne QCPRは、用途に合わせ、複数の構成が利用可能です。

  • 除細動トレーニング
    Resusci Anne QCPR AEDのマネキンは、円滑でリアルな体験を提供するため、Laerdal LINK のテクノロジーを使用しています。
  • 気道確保
    Resusci Anne QCPRに気道ヘッドを加えることで、より高度な声門上のテクニック(ゲデルエアウェイ、気道確保用ラリンジアルマスク 、コンビチューブ、iGel 4)での訓練に対応できます。
  • 循環器スキルと静脈(IV)薬剤投与
    静脈(IV)アームの使用時
  • 救助と外傷シミュレーション
    擬似出血・創傷付きのオプション四肢の使用時

比較と、特徴・オプションは、このページの仕様書の項目で確認できます。

ユーザー事例

質の高いCPRのトレーニングに燃え、自らQ-CPRコンテストを開催するグループ「EMS周南」

2016年1月31日、 山口県の周南市で熱き闘いが繰り広げられた。腕に自信のある救急関係者の集うグループ「EMS周南」でQ-CPRコンテストが開催され、集まった人々は大いに盛り上がった。「EMS周南」は、自主的に勉強やトレーニングを行う専門家グループ。救急救命士や看護師、医師が参加する。   詳細はこちら ›

シミュレーション教育の投資が、医療経営面にメリットとなる

オーストラリアの民間病院グループで精力的にシミュレーション教育に取り組んでいるMatt Johnson先生が、「2015 National SUN in Shiga」で招聘講演を行うため、来日されました。多忙なスケジュールを縫ってご協力いただいたインタビューの内容をご紹介します。   詳細はこちら ›