ルシール・パッカード小児病院(Lucile Packard Children's Hospital、米国カリフォルニア州スタンフォード):

ルシール・パッカード小児病院(LPCH)は1919年設立のスタンフォード小児回復期療養所(Stanford Home for Convalescent Children)が前身となっており、現在650名以上の医師および4750名以上のサポートスタやボランティアにより幅広い治療・医療サービスが提供している。LPCHは世界トップレベルの非営利病院で、サンフランシスコ・ベイエリアおよび太平洋岸北西地区広域において広範な地域ネットワークと多くの場所でのアウトリーチサービスにより新生児、小児、青年および妊婦のケアに全力を尽くしている。

新たなCPRトレーニング法を求めて

2年前、LPCHの看護研究センター(Centre for Nursing Excellence)は患者や病院のニーズにより一層応えるため、 退院する患者家族に対し行われるCPRスキル教育のための新たなトレーニング法について検討を始めた。アメリカ心臓協会(American Heart Association)のFamily and Friends CPR Anytime(ミニアン)自己学習式プログラムに出会い、ハイリスク患者におけるこのタイプのトレーニング法の有効性を評価する研究を開始した。センターの臨床救命処置・蘇生法教育者(Clinical Life Support and Resuscitation Educator)Lynda Knightはこう述べている。「この観察研究の動機は、当初はルシール・パッカード小児病院でハイリスク新生児・小児の両親を対象としたCPRによる救命スキルの供給を標準化する前例を作ることを期待してのものでしたが、今はこれが目標となりました」

判定

評価のためデータは病院役員に提出され、包括的なレビューが行われた結果、CPR Anytime(ミニアン)によりLPCHは従来のトレーニング法で見られたような運営上の問題や資源管理上の課題を抱えることなく効果的なトレーニングプログラムを提供できると結論付けられた。また、CPR Anytime(ミニアン)によるトレーニングに対する両親らの反応は「好意的であり、必要に応じてCPR Anytime(ミニアン)キットで振り返り、練習することでより自信を持って自分の子供にCPRを施すことができる」ことが確認された。今回得られた所見は、これまで院内スタッフらの間で持ち上がっていた特定の懸念を克服するものとなり、LPCHの入院・退院プロトコールを改訂して、CPRトレーニングではCPR Anytime(ミニアン)キットのみを用いることとすることが決定されました。
退院指導は入院時から始まり、担当の医療チームがCPRを学ぶことで益が得られると判断した患者家族にキットが配布され、必要であればスタッフナースが補助指導を行う。キットを無料配布するかどうかの決定は患者の担当医、RNまたはRCPが行う。

キットの配布には医師のオーダーが必要となる。病院ではさらに、家族以外にもトレーニングを行ってもらえるよう、病院内のギフトショップでCPR キットを販売する予定である。

 

教育効果が改善

キットを受け取った家族からは大変喜んでいると感謝の声が寄せられている。病院では、キットが自己学習式のプログラムになっていることから、看護師はその他のすべての業務を中断することなく続けることができ、結果、RNが両親らに対応する時間が減少した。また、RNによる指導を待たなければならず、指導が終わるまで退院を延期せざるを得ないといったケースも減少した。さらに調査の結果、平均6ヵ月後の時点で、両親らは新たに3名の家族または友人らとキットを共有し、CPRスキルを伝えていることが示されている。

Ms. Knightは次のように話を結んでいる。「他の小児病院でもLPCHの先例に倣って、この標準化された非常に革新的で効果的なCPRトレーニング法が実践されればと思います」

Looking for new CPR training methods

Two years ago, the Centre for Nursing Excellence at LPCH began investigating alternative training methods for teaching CPR skills to families at discharge in an effort to better serve patient and hospital needs. After seeing the Family and Friends CPR Anytime self-directed learning programme from the American Heart Association, a study was initiated to measure the effectiveness of this type of training for high risk patients.

Lynda Knight, Clinical Life Support and Resuscitation Educator at the centre said, “The motivation behind the observational study was the initial hope and goal that Lucile Packard Children’s Hospital would standardize and set a precedent in providing the life saving skills of CPR to our parents of high-risk infants and children.”

The verdict
Data was presented to hospital board members for evaluation and following a comprehensive review, it was concluded that CPR Anytime could help the LPCH to offer an effective training programme without the logistical issues and resource management challenges that were previously encountered with traditional training methods. Moreover, the study confirmed that parents “were appreciative of the CPR Anytime training and would be more comfortable delivering CPR to their child after reviewing and practicing with the CPR Anytime kit if needed.”

The findings of the study overcame specific concerns that had previously been raised amongst internal hospital staff and its conclusions determined that admission and discharge protocols now mandate that only CPR Anytime kits are used for CPR training at LPCH.
 
Discharge training begins at admission and kits are distributed to families of patients who their medical team believe would benefit from learning CPR, with remediation provided by staff nurses as necessary. The decision regarding who receives a kit at no charge is made by the patient's physician, RN's or RCP's.  A physician order is required to distribute the kit. The hospital also plans to make the CPR kits available for purchase through the hospital gift shop, making training available to extended family members.
 

Improved results
Testimonials of families have stated that they are very happy to receive the kits. The hospital has cut the time the RN’s need to spend with the parents since the kits are a self-directed learning programme and leaving nurses free to continue with all their other responsibilities. The hospital has seen a decrease in the delayed discharges having to wait until an RN is available to complete the teaching. Research also shows that on average after six months, parents share the kits and pass on CPR skills to an additional 3 family members or friends.

Ms. Knight concludes, “I hope that other Children’s Hospitals will follow in the footsteps paved by the LPCH by implementing this standardized, highly innovative and effective method of providing CPR training.”