課題

ガリシア公的救急医療組織(Public Emergency Medical System of Galicia)は、シミュレーション教育はガリシア州全体のケアの質および患者の安全性の向上につながるとの認識から、より効果的かつ効率的な医療トレーニングを推し進めたいと考えた。


ユーザー

ガリシアEMSは、ガリシア州全体に救急医療を提供している。ガリシア州は農村部と人口密集地域とが交じり合っており、スペイン北西に位置している。
 

ソリューション

ガリシア州では2000年にシミュレーションセンターが設立された。ガリシア州当局がシミュレーション教育をEMS従事者の医療トレーニングの必須科目としていることから、トレーニング活動の主な対象はこの集団であり、このほか年中無休24時間体制のプライマリケア医師・看護師また家庭医療の専門家に対してもトレーニングを行っている。行政推進のこのトレーニングはほとんどのコースが9時間構成となっており、救急医療に関する8つの異なるシナリオの演習が行われる。これらのシナリオは、関連するカリキュラムを習得できるよう作成されている。トレーニングは、プロトコール・トレーニング同様、各個人またチームとしてのパフォーマンス両方に重点が置かれており、特にEMS従事者に特化した内容となっている。デブリーフィングは十分に時間をかけ、個人に焦点を当ててインストラクター主導により行われる。研究範囲は、半自動AEDプログラム導入後の救命率上昇に伴う費用対効果とシナリオの妥当性検証方法となっている。トレーニング施設はスペイン、サンティアゴ・デ・コンポステーラにあるEMS 施設内にあり、60平方メートルの敷地内にシミュレーションルーム1室、コントロールルーム1室、ブリーフィング・デブリーフィング用の別室1室が整備されている。現在のところ、トレーニング資器材はSimMan 2体、SimBaby 2体、AV機器 1台、ALSシミュレータ 7体、その他さまざまなスキルトレーナやシミュレータが用いられている。

結果

現在、EMS従事者は実際の患者に害を及ぼすことなく、安全かつ管理された環境下で救急医療の実践方法を学んでいる。また事前資格審査試験と各シナリオ後に時間をかけて行われる個人に焦点を当てたインストラクター主導のデブリーフィングにより、実行したシナリオから得られる学習効果を向上させることが可能となっている。ガリシア州当局はシミュレーション教育をEMS従事者の医療トレーニングの必須科目としており、ガリシア州における心停止後の救命率上昇には、このシミュレーショントレーニングも貢献しているといえる。

The Challenge

The Public Emergency Medical System of Galicia wanted to facilitate more effective and more efficient medical training, motivated by the understanding that simulation training will translate into improved quality of care and increased patient safety throughout the region of Galicia.

The Customer

The Galician EMS provides emergency medical services throughout Galicia. The Galician region is partly rural, partly densely populated and is located in northwest Spain.

The Solution

The Galician Region established a simulation center in year 2000. As the Galician authorities have made simulations a mandatory part of the medical training for EMS personnel, training activities are primarily targeted to this group, and further to physicians and nurses in 24/7 primary care, and specialists in family medicine. The facilitated training comprises mostly 9-hour courses, during which participants solve 8 different critical care scenarios. The scenarios are developed to ensure exposure to a relevant curriculum. Individual and team performance are both focused during the training, as is protocol training, particularly for EMS personnel. Debrief sessions are lengthy, personalized, and instructor-led. Areas of research are Cost efficiency related to increased survival rates following implementation of semi-automatic AED programs and Methods for validation of scenarios. The training facilities occupy 60 sq meters of the EMS in Santiago de Compostela and comprise 1 simulation room, 1 control room, and 1 separate room for briefs and debriefing sessions. Training equipment currently includes 2 SimMan, 2 SimBaby, 1 AV System, 7 ALS simulators, in addition to skill trainers and manikins.

The Results

EMS personnel now train how to provide emergency medical care in a safe, controlled environment, without causing harm to real patients. Pre-qualification tests and personalized, lengthy, instructor-led debrief sessions after each scenario augment the learning outcome that was gained from the actual scenarios. Galician authorities have made simulations a mandatory part of the medical training for EMS personnel, and the increasing survival rate following cardiac arrest in Galicia, is partly attributed to the effectiveness of simulation training.