Gjøvik 大学では、学士号(3年) の他に、衛生学(1年)、専門看護師向けの複数大学院生コース(18か月)、および修士課程を提供している。  

 

技能訓練から完全なシミュレーションへ 

Two Gjøvik University College student examining a simulated patient.

2002年のSimMan購入後、人体患者シミュレータは最初技能訓練に単純に使用しただけだった。  。広範囲のシミュレーショントレーニングは世紀の変わり目の最も新しいコンセプトで、新しい方法論で知識や経験を直接得るために、職員であり推進キーパーソンのTerje Ødegårdenは、病院の近くの無料のシミュレーショントレーニングの発展に着手した。事がうまく運んで、Mr. Ødegårdenのチームは有料のトレーニングコースを実施して、大学独自のシミュレーション施設を発展および拡張するために必要な経済的基盤を形成することができた。    教育の質は、生徒のトレーニングのニーズに応じて改善された。衛生・介護・看護部の学部長のRoger Lianは「シミュレーショントレーニングは介護の質を高める一因になり、今後の需要に応じることができると強く確信している」と指摘した。        

 

                                                                    

シミュレーションプログラム

今日大学は能力管理、プロトコルの訓練、危機的状況への対応 (CRM) を容易にし、技能訓練と完全シミュレーションの両方を使用して、さまざまな定義された学習目的に対応している。長期に渡る独自の集合デブリーフィングは、シナリオ中の記録されるビデオクリップは、うまくいった点と改善が必要な点を説明するのに使用されるトレーニングにはなくてはならない部分である。    

大学は、インストラクタのトレーニング実施の他に、公立病院、地域組織活動、法人業界などの外部顧客向けのシミュレーショントレーニングを提供している(「Train-the-trainer」コース)。    全体で年間約 1,000 人にシミュレーショントレーニングを提供している。

 

トレーニング施設

大学は、4つの完全シミュレーション室、2つの制御室、デブリーフィングにも使用される4つの教室、2つの講堂、さまざまな研究室、24の病院ベッドラボを運営している。 

 

首相が研究所を開設

Prime Minister Jens Stoltenberg reached a speed of 130 km/hour trying out the ambulance at Gjøvik University College. 
撮影: Maria Lillemoen。 

今年のはじめ、ノルウェーの首相の Jens Stoltenberg がプレホスピタル研究所と救急車シミュレータを公式に開設した。彼はこのプロジェクトに非常に感銘を受けた。 救急車シミュレータを可動式台車に取り付けることで、 生徒は「搬送中」の患者の看護がどのようであるか体験できる。 

学部長の Roger Lian はさらに次のように付けくわえた。「常に変化するサービスのプレホスピタル専門知識を開拓し、 患者の安全性を重視することは我々にとって重要なことです。」   

                                                                 

スタッフ

  • ゼネラルマネージャ/インストラクタ
  • 技術者  1人
  • 社内インストラクタ:
    • 看護師 11人 (教員)
    • 放射線技術者 1人
  • 関連インストラクタ:
    • 医師 3人
    • 集中治療看護師 1人
    • 看護師 1人

 

結果 

最新式シミュレーション施設により、大学の看護学生全員が最小の実地訓練で実体験の臨場感を味わうことができ、安全に管理された環境でトレーニングを行うことができるようになった。      結果のデブリーフィングセッションとシミュレーショントレーニングにより、生徒の重症患者への対応が非常に向上している。