ノルウェーLesjaに住むInga-Brittは、父親がディナーテーブルの周りで倒れ呼吸停止となった時すぐに対応した。まず初めに救急隊を呼び、次に母親にCPRの方法を説明した。 

ノルウェーLesjaに住むInga-Brittは、父親がディナーテーブルの周りで心停止し循環虚脱となった時すぐに対応した。まず初めに救急隊を呼び、次に母親にどのように父親にCPRを行えばよいかを説明した。 Inga-Brittは最近学校のプロジェクトでCPRを学んだばかりで、学習したことを実際の生活の場面で実践することとなった。救急隊員は到着した時、より進んだ段階の治療を開始できるレベルの応急処置が施されていることに気づいた。「Inga-Brittが自分の持っている知識と毅然とした態度により父親の命を救うことに貢献したことは疑いの余地がありません」と、ノルウェー航空救急財団の事務局長Steinar Sørlieは述べている。 

他の人たちへの刺激となるように

第1回目となる「人命救助賞」の授与はガーデモエンで開催された第30回ノルウェー航空救急財団年次大会で行われ、今後は恒例のイベントとして行われる予定である。
「私たちは努力した人たちを表彰したいと願っています。また、この賞が他の人たちの刺激となってCPRの知識を身につけようという気になってくれればと思うのです。私たちの最大の目標は、専門家による処置が始まるまでの生死を分ける重要な数分間に、人々が自ら処置を行うことができるようにすることなのです」と、Steinar Sørlieは述べている。彼は、より多くの人が応急救命処置の基礎知識を習得すれば、より多くの命を救えるという点を強調している。

子どもたちに教える

Inga-Britt Morkenが応急処置の知識を習得したのは、ノルウェー航空救急財団が推進する学校プロジェクトとスウェーデンの南部・東部の7年生を対象とした大規模プロジェクトを通してであった。
「『応急処置』は7年生のカリキュラムの一貫となっていることから、私たちは7年生の各生徒にシミュレータと入門DVDからなる個人用CPRキットを配布するプロジェクトを立ち上げました。このキットは持ち帰り教材なので、生徒らは自宅で家族に教えることができます。このようにして、子どもたちを通して大人たちにも学んでもらえるものです」と、Steinar Sørlieは述べている。
このトレーニングキャンペーンは、ノルウェー航空救急財団のメンバーらの追加寄付によって賄われている。

Inga-Britt Morken had only recently learned CPR during a school project and she managed to transfer what she learned to a real life situation. Upon arrival, the ambulance personnel recognized the provided first aid to the degree that they were able to focus on a more advanced stage of the treatment. “There is no doubt that Inga-Britt contributed to saving her father’s life with her knowledge and resolute behavior” says General Secretary of The Norwegian Air Ambulance, Steinar Sørlie.

 

Aiming to Inspire

The Lifesaving Prize was awarded for the first time during The Norwegian Air Ambulance 30th anniversary conference at Gardermoen and will become an annual event in the years to come.

“We wish to honor people who have made an effort. Another aspiration is to inspire others to gain CPR knowledge. One of our foremost ambitions is to enable people to aid themselves in those critical minutes before the professional part of the survival chain is available”, says Steinar Sørlie. He emphasizes that more lives can be saved if more people acquire basic knowledge of lifesaving first aid.

 

Teaching Children

Inga-Britt Morken acquired first aid knowledge through a school project facilitated by the Norwegian Air Ambulance and their extensive program for CPR training directed at thousands of 7th Graders in the South and Eastern parts of Norway.

“First Aid is part of the 7th grade curriculum and we have organized a project where each 7th grader receives a personal CPR kit, containing a manikin and an introductory DVD. This is a take home kit, and the students can thereby teach his / her family. This enables us to teach the adults through the children”, says Steinar Sørlie.

The training campaign is funded by extra means donated by members of The Norwegian Air Ambulance.