多様な顧客層のニーズを反映させるため、ETRはリハビリ中の心臓病患者のためにCPRの方法を知りたい家族のメンバーから銃創患者に対応しなければならない救急医まで様々な学習者に多くの現実的なトレーニングシナリオを提供する方法を模索した。 

救急トレーニングリソーシズ(ETR)はダンバリー・ヘルスケア・アフィリエイツ(Danbury Health Care Affiliates)の救急医療・安全研修部門(emergency medical and safety training division)で、ダンバリー病院(Danbury Hospital)との連携により、ダンバリー広域における主要な地域医療提供機関としてその役割を果たしている。ETRは1999年以来、企業、公衆安全機関、保健機関、政府機関に最先端のコンサルタント・教育プログラムを提供してきた。

その豊富なトレーニングプログラムの中でも、ETRは救急隊員、ファーストエイドチームおよび地域福祉プロジェクトに従事している一般市民に一次・二次救命処置双方のトレーニングを提供している。このように個々のトレーニングニーズは異なり広範囲に及ぶため、ETRはそれぞれのニーズに合わせたトレーニングプログラムを提供することにより他とは異なったサービスを提供している。またコネチカット州初のACLS Experiencedプロバイダーコースを提供するトレーニング機関としても有名である。

 

医療専門家と一般市民レスポンダーの双方に現実的なトレーニングシナリオを 

多様な顧客層のニーズを反映させるため、ETRは心臓病でリハビリ中の心臓病患者のためにCPRの方法を知りたい家族のメンバーから銃創患者に対応しなければならない救急医まで様々な学習者に多くの現実的なトレーニングシナリオを提供する方法を模索した。

ETRのトレーニングコーディネータRommie Duckworthは、過去のトレーニングや一般知識のレベルに関係なく、教科書で学んだ知識を実際の緊急事態において実践力に変えることが固有のトレーニング課題であることに気づいた。そこで、このギャップを埋めるための適切なツールを用いた教育プログラムの開発に取り掛かった。

 

Circle of Learning」のコンセプトを導入

「Circle of Learning」とは、5つの「学習方法」からなるコンセプトで、正しい順序で行うことで段階的にタスク遂行能力を獲得していくというものである。

このアプローチに合ったトレーニングソリューションの提案により、Rommie Duckworthはレールダル社と個々の資器材だけでなく、トータルソリューションとしてのシミュレーションラボを開設するため話し合いを重ねた。

 

リスクのない環境下で実践力を獲得し維持する

ETRは、新しい知識とスキルの教育から学習者がさまざまな緊急事態に臨機応変に優先順位を設定しかつ迅速・安全な決定を行えるようにするまで、またチームでの現実に即したトレーニングから実際に遭遇した時に高いレベルの実践力を発揮できるようにすることまで、あらゆる側面のトレーニングを提供する必要があった。

ETRは、第1世代のSimManに加え、BLS/CPRトレーニング用シミュレータ、スキルメーターレサシアン、さまざまなIVアームおよび挿管用頭部を備えたラボを開設した。Duckworthは、レールダル製品を導入したことにより学習者らは自身のスキルに対する不安が解消され、より自信を持てるようになったと感じており、次のように述べている。「SimManを導入した時、トレーニングチームはすべての部分がどのように連携するか示しました。ノン・インタラクティブなシミュレータから最もインタラクティブなシミュレータまでさまざまな製品を活用し、さまざまなプログラムを提供することで、学習者は自信を持ってそれぞれの専門分野の仕事を遂行することができるようになります」

 

シナリオ後にパフォーマンスを評価し、シミュレーションの始めに戻る

Duckworthはトレーニングシナリオを使ってシミュレーション後の学習者のパフォーマンスを評価することを楽しみにしており、またETRのプログラムを取り入れた総合的なシミュレーションラボを構想している。ラボ開設におけるレールダル社のサポートについて、Duckworthは「セールスコンサルタントも技術者も製品へのオーナーシップを発揮していました。質問や問題があると、対応者はみな私と同じくらい関心を持っていました。すべての人が専門家で、最高のカスタマーケアをレールダルから受けることができました。

Emergency Training Resources (ETR) is the emergency medical and safety training division of Danbury Health Care Affiliates, and in conjunction with Danbury Hospital, serves as the premier community healthcare provider for the greater Danbury area. ETR has been providing leading edge consultation and educational programs to corporations, public safety institutions and health and government organizations since 1999.

Within its full portfolio of training programs, ETR trains both basic and advanced life support to Emergency Services personnel, First Aid teams and members of the general public engaged in community welfare projects. With such a broad scope of individual training needs, ETR distinguish themselves by being able to tailor their training programs accordingly. They also have the distinction of being the first training organization in the state of Connecticut to offer the ACLS Experienced Provider course.

Realistic training scenarios for both medical professionals and lay responders

To reflect the needs of their diversified customer base, ETR looked for a way to provide multiple realistic training scenarios; whether the trainees were family members who wanted to know how to deliver CPR for a rehabilitating cardiac patient or emergency room physicians who needed to respond to a gunshot wound.

Rommie Duckworth, Training Coordinator for ETR realized that no matter the level of prior medical training or general knowledge, translating textbook learning into hands-on competence for real life emergency situations presented unique training challenges. He therefore set about creating educational programs with appropriate tools to bridge this gap.

Adopting the ‘Circle of Learning’ concept

The ‘Circle of Learning’ concept encompasses five ‘learning styles’, which when applied in proper rotation, provide a step by step process to achieve competence in the given task.

Offering training solutions that are compatible with this approach brought Rommie Duckworth into discussions with Laerdal to create a simulation lab as a total solution rather than just pieces of equipment.

Building and maintaining competence in a risk-free environment

ETR needed to deliver all aspects of training - from teaching new knowledge and skills, to getting trainees used to prioritising and making quick and safe decisions as different emergency situations unfolded; from training realistically in teams to demonstrating a high level of competence in preparation for a real encounter.

In addition to a first generation SimMan, ETR built their lab with BLS/CPR training manikins, Resusci Anne with Skill Meter and various IV arms and intubation heads. Duckworth found that trainees felt more comfortable and confident with their skills through the integration of the Laerdal products provided, stating, “When SimMan was put to use, it allowed the training team to show how all of the pieces fit together …. The products and things that we do, from non-interactive manikins up to the most interactive manikin, trainees can perform their job with confidence in their areas of expertise.”

Bringing simulation full circle by evaluating performance post-scenario

Duckworth looks forward to using the training scenarios to evaluate trainees’ performance after a simulation and envisions ETR’s program into a comprehensive simulation lab. Speaking of Laerdal’s support through the lab’s development, Duckworth said, “Both Sales Consultants and Technicians have all shown ownership of the products. If I have a question or a problem, whomever I talk to is just as concerned as I am about my issues. Everyone is an expert and Laerdal has given me great customer care.”