2005年、国家保健委員会(National Board of Health)とデンマーク赤十字社(Danish Red Cross)はデンマークの7年生の学生すべてにCPRトレーニングキットを無料で配布するプロジェクトを開始した。CPRのトレーニングに重点が置かれている点やすでに数多くの一般市民向けCPRプログラムに取り組んでいることから、TrygFondenは今回の学校プロジェクトが一般市民の間にCPRの実施能力をさらに普及させる絶好の機会になると考えた。                                                                      

1728年のコペンハーゲン大火は、4階建ての建物すべてが火に包まれる程の大火災で、これがきっかけとなってコペンハーゲン火災保険(Copenhagen Fire Insurance)、現在のTryg Forsikring(安全保険)が設立された。当初コペンハーゲン市民により創設されたこの保険会社は、デンマーク国民の安全を地域レベル・全国レベルで促進することを目的として1991年にTrygFondenという団体を設立した。以来この団体は独自の研究や貴重な経験や関連能力を提供する多くのパートナーとの提携により、救命、人的被害の防止、国民生活の向上といった主要な使命を果たすため数多くの安全推進イニシアチブを実施してきた。
 

デンマーク学校プロジェクトの背景
2005年、TrygFondenはデンマークの7年生の学生すべてにCPRトレーニングキットを無料で配布するプロジェクトを企画・開発・リリースした。CPRのトレーニングに重点が置かれている点やすでに数多くの一般市民向けCPRプログラムに取り組んでいることから、TrygFondenは今回の学校プロジェクトが一般市民の間でCPRの実施能力をさらに普及させる絶好の機会になると考えた。TrygFondenは、デンマークの806の小学校に通う12~14歳の生徒すべてにCPR トレーニングを提供するために必要な35000人分の個人用トレーニングキット(インストラクションDVD付きミニアン/CPR Anytime(ミニアン))に資金を提供した。

トレーニングセッションは授業中に生徒らの教室で、PE教師らにより行われた。トレーニング後、生徒らは自分のキットを自宅へ持ち帰り、家族や友人にも使ってもらうよう勧められた。個人用トレーニングキットを提供・配布だけでなく、TrygFondenの広報マネージャーTrine Heidemannは実際の学校プロジェクトそのものを開催する責任も負っていた。学校のカリキュラムを通して国民にCPRを普及できると考えたTrine Heidemannは、デンマーク保健省大臣に働きかけ、CPRトレーニングを義務化するよう要請した。TrygFondenは今後も7年生の生徒生を対象にMini Anne/CPR Anytime(ミニアン)キットの無料配布に取り組んでいく予定である。

 

成果 
家族や友人がトレーニングを行えるようミニアン/CPR Anytime(ミニアン)キットを自宅に持ち帰った生徒を対象に行ったアンケートでは、生徒一人当たり平均2~3人にCPR 知識を伝えたことが示された。この割合を人口数に当てはめた結果、このキットにより全国規模で一般市民のCPRの実施能力習得を指数関数的に増加させることができる可能性が示されている。

さらに、「応急処置」が2006年に実際にデンマークのカリキュラムに取り入れられた。改定されたスケジュールではCPRは要件として明記されていないものの、多くの学校は現在CPRトレーニングを推進しており、デンマークの半分以上の小学校がTrygFonden団体の提供による無料のトレーニングキットを申し込んでいる。今後の展開についてTrine Heidemannは、「来年の春に、この無料キットを用いたコンセプトの実施について評価を行なう予定です。潜在的な落とし穴や課題について理解を深めることは、さらに多くの学校にこのプログラムへ参加してもらうよう取り組む点で役立つことでしょう」

 

The 1728 Copenhagen Fire, where every 4th building went up in flames, became the catalyst that spurred the formation of Copenhagen Fire Insurance, known today as Tryg Forsikring (Safe Insurance). In 1991, the insurance company, originally founded by a group of Copenhagen citizens, established TrygFonden; a foundation designated to promote public safety, both locally and nationally in the country of Denmark. They have since implemented a number of safety initiatives through their own research and engagement with multiple partners that provide valuable experience and relevant competencies, to fulfill their principal mission of saving lives, minimizing human suffering and enhancing people’s everyday lives.

Background for the Danish school project

In 2005, TrygFonden initiated, developed and launched a project distributing free CPR training kits to all Danish 7th Grade school children. With their strong focus on CPR training and already engaged in a number of community CPR programs, the TrygFonden foundation considered this school project an excellent opportunity to further widen the scope of CPR competence among the lay public. TrygFonden funded the 35,000 personal training kits (Mini Anne / CPRAnytime with an instructional DVD) that were needed to facilitate CPR training for all Danish 12-14 year olds at 806 different primary schools.

The training sessions took place in the students’ class rooms during school hours and were facilitated by PE teachers. After the training, the students were encouraged to take their kits home so that they could also be used by family members and friends. In addition to providing and distributing the personal training kits, the Communication Manager of TrygFonden, Trine Heidemann took on the responsibility of organizing the actual school project itself. Recognizing the potential of disseminating CPR in the population through the school curriculum, Trine Heidemann approached the Danish Minister of Health to request that CPR training be made mandatory. TrygFonden would further commit to free distribution of MiniAnne / CPRAnytime kits to future 7th grade school children. 

 

Achievements

Questionnaires returned by students who had taken MiniAnne/CPR Anytime home to train family and friends indicated that one student generated on average another 2- 3 people with CPR knowledge. This ratio factored into the population count shows the kit’s potential to exponentially increase CPR competence among the general public on a national scale.

Furthermore, First Aid has in fact been integrated with the Danish Curriculum in 2006. Although CPR is not an explicit requirement in the revised schedule, many schools now facilitate CPR training and more than half of the Danish elementary schools have signed up for free training kits provided by the TrygFonden foundation. Looking ahead, Trine Heidemann said, “Next spring, we plan to evaluate the implementation of the concept with free kits. Gaining a better understanding of potential pitfalls and challenges may prove helpful in trying to include more schools in the program.”