バーチャルリアリティを用いたシミュレーショントレーニングは、医療従事者を非常に効率的に育成することができ、かつ患者ケアを向上させる

非常に臨場感にあふれるフェアバンクス多職種シミュレーションセンター(Fairbanks Interdisciplinary Simulations Center)では毎年、何千人ものインディアナ大学の学生がリスクのない多職種連携の環境の中で臨床スキルを磨いている。床面積30000平方フィートのこの再現性の高いセンターでは、患者ケアの環境を再現し、広範囲にわたるさまざまなシナリオを用いることにより、インディアナ大学の未来の医師、看護師、医療技術者たちが認知スキル、精神運動スキル、感情スキルを応用できるようトレーニングを行っている。センターは、12席のコンピュータラボ、小教室、デブリーフィングルームに加え、以下の4つの主要エリアで構成されている。

 

客観的臨床能力試験(Objective Structured Clinical Exam:OSCE)センター:10床のベッドを備えた多目的な診察室エリア

仮想病院:ベッド6床の病院ユニット(新生児エリアのあるOBルームを含む)。学生は、特定の危機的状況にある仮想患者のケアを行い、問題解決、評価、介入、デブリーフィングを行う。臨床の時間(Clinical time)には、選択されたスキルセット、バーチャルDVDプログラム、およびその他の技術が含まれる

スキルセットエリア:床面積1000平方フィートのスキル指導エリア。縫合、気道管理、IVポンプトレーニングおよびその他の高度なスキルの学習・練習を行う

急性期ケアエリア: ER、仮想手術室、血管・カテーテルエリア、ICU病棟、救急車を設置した搬送室。患者シミュレータが特定の損傷を負った重篤患者を再現する。このエリアでは、回復室、術前室、トリアージ/熱傷ユニットでのシナリオも再現される

 

フェアバンクスでは施設の至るところでさまざまな最先端のレールダル社製マネキン(3G、SimMan、SimBaby、SimNewB)が活用されている。現在、すべてのナース・プラクティショナー(小児NPから急性期NPまで)および内科医がHarvey® The Cardiopulmonary Patient Simulator を用いた6時間の指導とテストを受けている。学生によるHarvey「への」ブログ投稿はそのリアルさの効果を物語っている。「Harvey、ありがとう!今日は雑音を聴取できたよ」

 

シミュレーション技術における近年の進歩は、とりわけ完全に装備された手術室で多く利用されている。ここでは、トレーニングに参加する専門家と看護学生が、仮想患者を相手に実際の器具や最新機器を用いて手術を最初から最後まですべて行い、最近開放された体腔に処置を行うことがどういうものかを体験する。

 

「これは、学生に豊富な経験を提供するとともに患者への直接的な利益を生む素晴らしい共同事業です」と、インディアナ大学の看護学部長であり著名な教授でもあるMarion Broome, PhD, RNは述べている。「患者の問題解決に共に取り組むことは、この先ずっと看護師や医師の態度や行動に影響を及ぼすことでしょう。この新たなシミュレーションを用いた教育実践法により、すべての医療提供者が現代の医療制度における複雑な難題に立ち向かうための最適な準備を行うことができるでしょう」

 

フェアバンクスではバーチャルリアリティを用いた学習をこれまでにないレベルへと引き上げており、毎年何千人もの学生がその現実的なトレーニングプログラムから益を得ている。医療専門家による多職種チームの一員として、学生は臨床、卒後研修また職場に入る前にチームダイナミクス、最先端技術および突然の危機的状況などの経験を積み、それらに取り組むための方法を学習する。

 

協働により効率的な運営と医療トレーニングプログラムの継続な開発が可能に

この総合施設は3つの提携機関それぞれに財政面また全体的な戦略計画において益をもたらすものとなった。フェアバンクスの多職種連携の目標・目的を補完するため11名の現場職員が雇われている。また、さらにカリキュラムや研究機会をさらに開発するため、シミュレーション学会が設立された。

 

「この協働モデルは私たちのキャンパスにとって本当に効果的なものとなり、すべての医療提供者をインディアナ州における患者の安全性向上という共通の目的に引き入れることができました」と、フェアバンクスの所長Scott Engum, MDは述べている。

 

クラリアン・ヘルス(Clarian Health)について

インディアナ州の20以上の病院と医療センターで構成されるクラリアン・ヘルスは、USニューズ&ワールド・レポート(U.S. News & World Report)誌の「全米で最も優れた病院」に選ばれている。クラリアンの提携機関であるインディアナ大学医学部と看護学部のチームがシミュレーションをベースとした教育と実習に最新の技術を取り入れることにより患者はより優れたサービスを受けられるようになると判断したのを受け、新たなシミュレーションセンターの計画・建設を監督するための多職種連携ガバナンス・運営委員会が設立された。

 

2005年に開設されたフェアバンクス多職種シミュレーションセンターは、インディアナ大学医学部・看護学部とクラリアン・ヘルスが共同で運営している。

 

「これは、学生に豊富な経験を提供するとともに患者への直接的な利益を生む素晴らしい共同事業です」

Marion Broome, PhD, RN

インディアナ大学フェアバンクス看護学部長 教授

 

Virtual-reality simulation training produces highly effective medical practitioners & improves patient care

Each year, the hyper-realistic Fairbanks Interdisciplinary Simulations Center allows thousands of Indiana students to hone their clinical skills in a risk-free, interdisciplinary environment. The 30,000 square-foot high fidelity center replicates the patient care environment and uses a wide range of scenarios to train Indiana’s future doctors, nurses and medical technicians to apply cognitive, psychomotor and affective skills. It consists of a twelve-seat computer lab, small classrooms, debriefing rooms and four main areas:

  • Objective Structured Clinical Exam (OSCE) Center – versatile 10-bed exam room area
  • Virtual Hospital – a six-bed hospital unit (including OB room with newborn area). Students care for simulated patients with assigned critical times to encourage problem-solving, assessment, intervention and debriefing. Clinical time includes selected skill sets, virtual DVD programs, and other technologies
  • Skill Set Area – 1,000 square-foot instruction area for learning and practicing suturing, airway management, IV pump training and other advanced skills
  • Acute Care Area – an ER, simulated surgical suite, Vascular Flex area, ICU suite, and transport room with ambulance. Patient simulators represent critically ill patients with selected disruptions. The area can also replicate recovery room, pre-op, triage or burn unit scenarios

Several state-of-the-art Laerdal manikins (3G, SimMan, SimBaby, SimNewB) are utilized throughout Fairbanks. All nurse practitioners (from pediatric to acute) and internal medicine physicians now receive six hours of instruction and testing on Harvey®, The Cardiopulmonary Patient Simulator. Student blog posts ‘to’ Harvey attest to its effective realism: “Thanks, Harvey! Caught a murmur today.”

Recent advances in simulation technology are especially prevalent in the fully outfitted surgical suite. There, specialists and nursing students in training perform full procedures on simulated patients – using real instruments and the newest equipment – and experience what it’s like to work on a recently opened body cavity.

“This is a wonderful, collaborative enterprise that will provide a wealth of experience for students with direct benefit to patients,” says Marion Broome, PhD, RN Distinguished Professor and university dean of the School of Nursing. “Working together to solve patient problems will influence the attitudes and behavior of nurses and physicians for years to come. With this new approach to simulated education practices, all health care providers will be best prepared to meet the complex challenges in today’s health care system.”

Fairbanks takes virtual-reality learning to an unprecedented level and each year thousands of students benefit from its real-life training programs. As members of an interdisciplinary team of health care professionals, students gain experience and learn to deal with team dynamics, emerging technology and sudden crises before they are thrust into clinicals, residencies and the workplace.

Collaboration results in operational efficiency and ongoing development of medical training programs

The integrated facility has benefited each of the three partners financially and in their overall strategic planning. Eleven onsite personnel have been hired to complement Fairbanks’ interdisciplinary goals and objectives. A simulation academy has been established to further develop curriculum and research opportunities.

“This collaborative model has truly worked on our campus and has drawn all healthcare providers into a common purpose of improved patient safety for the State of Indiana,” said Scott Engum, MD, Fairbanks Director.

About Clarian Health

Clarian Health, comprised of more than 20 Indiana hospitals and medical centers, is named among the “Best Hospitals in America” by U.S. News & World Report. When teams at two Clarian facilities, the Indiana University Schools of Medicine and Nursing, determined patients would be better served by implementing the very latest in simulation-based teaching and practices, an interdisciplinary governance and operational committee was created to oversee planning and construction of a new simulation center.

The Fairbanks Interdisciplinary Simulations Center opened in 2005 and is jointly operated by the Indiana University Schools of Medicine and Nursing and Clarian Health.