Girona大学では、1980年代にすでにシミュレーショントレーニングのための別途予算を制定している。現在の本予算額は平均€ 40,000で、研究活動で発生する収入からの資金として別に年€ 30,000が追加される。 したがって、シミュレーションプログラムでは日常の管理や投資に年間総額€ 70,000を運用している。 とはいえ、高価な最先端資器材やトレーニング施設の拡大といった投資を行うには、長期的な計画が必要である。

看護学士課程:                                         

• Girona大学より: € 20,000                           

• 研究活動収入より: € 30,000

大学院教育課程:

• Girona大学より: € 20,000

Student training CPR skills using Resusci Anne Skills Station
スタッフの配置

シミュレーションプログラムは救急看護師主導で行われており、大学の各学科の事務職員が管理上の支援を行っている。

 

インストラクター

• 救急看護師1名

• 常勤ですべてのシミュレーションを支援する看護師6名

• 非常勤で救急シミュレーションを支援する看護師6名

• 非常勤で救急シミュレーションを支援する医師4名

 

これまでの経験

利点: シミュレーショントレーニングでは、講師が新たなスキルセットを実演していた頃よりもはるかに積極的になることが学生に求められる。また評価の部分がより容易にまた包括的なものとなったため、教授陣はより良好に評価の管理を行うことができるようになった。これまで、学生は病院で実際の患者を相手に「実践を通して学ぶ」必要があったが、現在は臨床に入る前に疑似体験することができている。前もって学生に自信をつけさせ、学生の理解を深めることにより、患者ケアを向上させ、患者の安全性を高めることができる。初めは少し慎重になり過ぎる学生も、慣れるとともに夢中でシミュレーションに取り組むようになる。特に学生らは、各シナリオ後に行われるファシリテータによるデブリーフィングで提供されるフィードバックを高く評価している。

 

Dr. Dolors Juvinyà Canalは、適切なプロジェクト計画を整えることによりシミュレーションプログラムのための資金確保が容易になったと指摘している。とはいえ、今後の予算配分によりGirona大学がシミュレーション学習の時間を増やし、さらに医学生と看護学生合同でのチームトレーニングを行えるようになることをDr. Dolors Juvinyà Canalは願っている 。

 

課題:新たな教育戦略の導入をためらう声もあることから、一部の教授陣にとって従来の指導法(スキルラボでの実演)から本格的なシミュレーション学習への変更は大変な難題となる。一方、教授陣の仕事の負担を分担し、かつ学生のシミュレーショントレーニングの時間を増やせるよう、シミュレーションプログラムへの参加を新規スタッフの条件としようという声も上がっている。また、インストラクターが定期的に自身の臨床経験を更新するための時間を取ることの難しさも明らかとなっている。

 Albert Bartina i Planells

 「私たちはプロトコール、スキル、行動について学習しているので、看護師としてキャリアをスタートする準備ができていると感じています。でも、学部生の間にもっとシミュレーショントレーニングを行えていれば役立っただろうにと思います」

Girona大学大学院生Albert Bartina I Planells。

                                                                                                                                                                                            

床面積240平方メートルのシミュレーション施設の構成:

• コントロールルーム・デブリフィーングルームが隣接したフルスケールシミュレーション室 2室

• 病院用ベッド、カート、ケア用品、多種多様なマネキン・スキルトレーナを備えたスキルラボ 7室

• BLS・ACLSトレーニング用の別室 1室(レサシアンスキルステーションを使用したトレーニング)

• 床面積80平方メートルの講義・CPRトレーニング用教室 1室(4つの小部屋に区切られている)

• 自己学習用コンピュータを備えたIT室 2室

One of the 7 skills labs.

     

 

Girona university established a separate budget for simulation training already in the 1980s. The current amount in this budget averages € 40,000 and funding generated from research activity amounts to another € 30,000 per year. Hence, the simulation program administers an altogether € 70,000 for daily management and investments on a yearly basis. Investments such as advanced, costly equipment and expanded training facilities still require long term planning. Girona has an annual intake of 140 nursing students and the amount of time students are involved in facilitated simulation activities ranges from 10-40 hours per year. 

 

Staffing
The simulation program is headed by an emergency care nurse and administrative support is provided by office personnel from various departments at the university.

Instructors
• 1 Emergency care nurse
• 6 Nurses facilitating the full range of simulations full time
• 6 Nurses facilitating emergency simulations part time
• 4 Physicians facilitating emergency simulations part time

Experience so far

Benefits: Simulation training requires the students to be far more active as compared with before, when lecturers would demonstrate new skill sets to them - and as the evaluation part has become both easier and more comprehensive, faculty have now better control. In the past, students 'learned by doing' with real patients in hospitals -now they simulate before entering clinical practice. Having the students build confidence and establish a greater understanding ahead results in enhanced patient care and increased patient safety. Although the students are a bit careful at start, they get very enthusiastic with simulation once they have gotten used to it, and they especially value the feedback provided during the facilitated debriefings that follow each scenario.

Dr. Dolors Juvinyà Canal points out that having a proper project plan in place has made it easier to obtain funding for the simulation program. She hopes however that future allocations will allow Girona to increase number of hours spent on simulation and to have medical students and nursing students train together in teams. 

Challenges: Transforming from traditional teaching (demonstrating in the skills labs) to facilitating full fledged simulations is challenging for some faculty members, why there has been some reluctance to adopt the new teaching strategy. One hopes, however, to make it a requirement for new staff to get involved with the simulation program so that more faculty can share the work load, and students can have more hours of simulation training. It has also proved difficult to find the time for instructors to update their clinical experience on a regular basis.

 

''We learn protocols, skills and behavior and feel ready to start our careers as nurses, but more simulation training during school would have been beneficial. I feel safer now, but need additional clinical experience to be more confident.''

Albert Bartina I Planells, Graduate student at Girona University.

                                                                                                                                                                                              

The 240 sq meter facilities comprise:

• 2 fullscale simulation theaters with adjacent control and debriefing rooms
• 7 skills labs equipped with hospital beds, carts, care accessories, a wide variety of manikins and skills trainers
• 1 separate room for BLS and ACLS training (with Resusci Anne Skills Station)
• 1 80 sq meter classroom (dividable into 4 smaller rooms) for lectures and CPR training
• 2 IT rooms with computers for self-directed learning