- 調査によると、急性期治療で看護師のスキルが弱いことがよくあります。「こうした事実は、学生が もっとトレーニング を求めていること と、大学 側 の前向きな態度から、 蘇生方法を学ぶ手順を見直して改善するきっかけになりました」と タンペレ

応用科学大学の講師 Seija Tiainen は述べています。

 

CPR トレーニングプログラムの強化

看護学生 は、最初の年の応急処置クラスで CPR  の 手ほどきを受け、短い 実習期間 でマネキンを使って理論を学びます。 

2年目は、8~12 人のグループに分かれます。講師は蘇生方法の原則を説明し、習熟した CPR 技術を実演します。

 学生は、実地学習環境を備えたレTampere nursing student practicing ventilations.サシアンスキルステーション について学びます。そこでは、正しい手の位置と 伝えられる圧迫および換気の率と深さに関して、正確な音声によるフィードバックを使ったトレーニングが行われます。

 学生はオリエンテーションに従い、適切な(認定) スキルレベルに到達するために、ステーションでトレーニングを受けるのに必要と思われる時間を記入する必要があります。 

トレーニング が終わると、学生は スキルを 高めるのに必要な時間を計画します。これも 実地学習 環境で行われます。レサシアンスキルステーションは、 伝えることが認められた圧迫および換気の少なくとも 75% の合格基準を学生が満たすことができるかどうかを評価します。

 

 

トレーニングの質が高ければ高いほど、 看護の質が高くなります。

 「蘇生方法を学んでスキルを強化する新しいプログラムは 、学生の実績レベルを改善し、 認定率は  5% 上昇して現在は 75% の基準に達しています。- 私たちの学校では、 蘇生方法を学習するコースを設立しています。最初に、一般 CPR (フィンランド赤十字プロトコル に準拠 ) を学び、 次に圧迫とバッグマスク換気を学びます。そして、ペアになって蘇生方法を学びます。すべての学習はレサシアンスキルステーションで実施されます。そして最後に、高度な生命維持、集団力学、リーダーシップを学びます。こうしたことは シミュレーションとその後の報告をベースにした完全な集中型イベントの間に行われます」と Tiainen と語っています。

Tiainenによると、多くの学生は、 圧迫を伝えること は かなり簡単だという印象を最初は持ちますが、 実際はそうではありません。圧迫するときに正しいテクニックとリズムを適用して手が離れることを防ぐ重要性に、 多くの学生は気づきません。 自動音声のフィードバックを使った実習のときに 、実際にスキルが不足していることを理解します。

– 正しいやり方を見せるために、学生とチームを組むことが ときどきあります。学生が正しい知識を身に付けるまで 時間がかかることもありますが、認定ライン は難しい

にもかかわらず、最後には正しいテクニックを学びます。

Tiainen によると、蘇生スキルをステップバイステップで学ぶことは、現在は 応用科学大学で確立されたメソッドになっています。- こうしたすべては、看護師の基本的な生命維持スキルを改善したいと思っている私たちに関係があり、私たちが看護師のスキルのレベルを評価する理由です。

 

補助 メソッドで ネオミレニアム学習スタイルに適応 

「タンペレ大学の教員は、今日の学生が直接的で積極的な参加とガイダンスを重視し 、従来の講義は 単一の教育メソッドとしてもはや機能しないことを理解しています。実地学習ステーションの提供に加え、 タンペレ大学は  2009 年末から看護カリキュラムと完全再現型シミュレーショントレーニングを統合しました。- 私たちは  従来の教育メソッドに加え、現代的な教育方法を希望しました。1 つのメソッドがルールとなるのではなく、互いに補完し合うのです」と Tiainen は説明しています。

 

医療トレーニングを超えたシミュレーション

「将来には、 医療補助員、助産婦、看護師、その他の 医療専門家も、卒業後の 研究

と統合されたシミュレーショントレーニングを受けることになります。

 - 2010 年から始まったこの学習メソッドは、 まだ最初の段階にあり、私たちは シミュレーションが期待できる新しい状況を見つけようとしています。この新しいカリキュラムは 2013 年に終了しますが、現在のシミュレーションはすでに 完全に適合しています。私たちは、 たとえば適切な臨床実習の学習メソッドに基づく問題として、シミュレーションを使用します。  

問題に基づく学習(PBL)では、学生は実際の看護の基礎を学びます。学生はここから学習課題を引き出し、 複数の 学習メソッドを通して解決していきます。私たちの経験では、シミュレーションに基づくトレーニングは、 学習目標を管理して達成するために十分に機能するツールです。
- 10 年にわたって使用されてきた PBL メソッドにはアップデートが必要でした。」と Tiainen は述べています。.現在は、講義とワークショップを シミュレーショントレーニングで補っています。学生は、今までよりも全体的な学習方法を与えてくれるこの新しいメソッドを歓迎してます。学生は個別の課題に集中する代わりに、チームワーク、リソース管理、コミュニケーション、リーダーシップに重点を置いています。こうした新しい教育テクニックのお陰で、報告セッションもより有意義なものになっています。学生は直接参加できる作業に とても熱心です。それが一番学習に適していると考えているからです。しかし、シミュレーショントレーニングを始める前に、学生は 基本的なカリキュラムを 十分に理解しなければなりません。

 

学習の効果的な長所

- 学生は学習意欲を持ってシミュレーショントレーニング に取り組みます。学生は 間違いを犯すことを恐れなくなります。また恐れるべきではありません。間違いはさらに良い学習成果を生むからです。シミュレーショントが終わると、学生は間違いに慎重になります。それにはたくさんのやり方がありますが、私たちは倫理的な面から扱うことができます、または 、間違いについてプロトコルを調べます。いくつかのグループは同じシナリオを使用しますが、学生はその後の報告のときに非常に異なる事柄を問題視する傾向があります。その結果、こうしたセッションは、そのときごとにそしてグループごとに非常に異なることがわかります。学習体験を報告することは、トレーニングを有意義なものとし、将来の医療専門家の論議を臨床分野 にも 広げていくことになります。結論として、Tianen は「 シミュレーショントレーニングが合わなかった と言った学生は1人もいません」と述べています。