健康科学看護のゴードン E. インマンカレッジの教員は複合学習目的を充足させるために
それらのカリキュラムにシミュレーション
を導入しようとしています。シミュレーションディレクタ
「Beth Hallmark」は次のように話す。「我々は
カリキュラム全体に内側専門家シミュレーションを統合するために努力しています。
我々の目的は、各クラスの1つ以上のシナリオで、ベッドサイドに医師を
積極的に参加させることです。」1年以内に看護学生と
研修医が一対一のシミュレーションで実習するための
関係性を育成する研修医プログラムを提供するために
ナッシュビル医療施設との話し合いが進んでいます。

看護学部とドラマ学部の教員は、
演技やムラージュにおけるドラマ以外の専攻トレーニングコースの開発に
協力しています。これらの学生は健康科学シミュレーション
と2011年秋にオープンする新しいロースクール
の標準患者の役を演じます。


シミュレーショントレーニングの一部は研究所で行い、いくつかは
従来の臨床時間を使用します。研究所には、トレーニングのカリキュラム全体に使用される SimMan®、
SimBaby™、SimMan® 3G、および VitalSim® マネキン
が収納されています。健康評価と
出産の新しい研究所には、大学院生と大学生用の8つの検査エリアと、学生が PROMPT 出産シミュレータ
と SimNewB™ を使用する専用
OB スペース
が用意されています。


看護学部講師「Beth Youngblood」はこう話す。「教員は
PROMPT 出産シミュレータの使用に好意的です。学生の理解度に従って
分娩速度を制御できるのが素晴らしい。
ハイブリッドシミュレーションでは、「患者」は陣痛の動きや進行を理解している
陣痛・分娩の教員がなります。
「CMタイム」を取って、新しい情報に基づいて
行動の進路を方向付けて変える場合、
シミュレーションマネキンは嫌がりません(実際の患者は嫌がります)。シミュレーションによって
ニアミスや実際の間違いを見つけることができるので透明性の
文化を作成できます。」

集中訓練期間におけるさまざまな体験

内側専門家出産トレーニングシナリオで
PROMPT 使用する
「スーパーシミュレーションサタディ」では、学生は
臍帯脱出、切迫早産、肩甲難産、置胎盤など
低発生/高危険度の状況を体験します。学生3人と看護婦長と臨床インストラクタの役をする
教員1人が
1組になります。学生は患者報告書を受け取り、
報告の後に、評価およびデブリーフィングを行います。
学生は個々のシナリオを体験し、学習したことを互いに
共有します。


Youngblood はこう話す。「生徒はシミュレーションに好意的です。
このような状況で実際の患者の看護をしたことがあるかと尋ねたところ、
全員がいいえと答えた。病院では経験できないことを体験
できます。」


「無駄」なシミュレーションはありません。学習機会があるだけです

「私は教員に高い目的をもつのはいいけれどまずは慎重に始めるようにと言います。
無駄なシミュレーションを行うことはできません。シミュレーションが計画通りにいかないで
教員ががっかりしたとしても、その出来事から学習できることがあります
。」、さらに Youngblood
は続ける。「次の3つのシミュレーションがあります。帰る途中あなたが思い描くもの、
あなたがしたこと、希望するもの
について考えます。同じことを2回行わず
、学生とのデブリーフィング中常に
学習する別の何かがあります。」


Hallmark は新しく形成されたテネシー
シミュレーション連合とも連携しており、それらの実行委員会は
新しいアメリカ医学研究所の報告書「 Future of Nursing (看護の将来)」に従って
内側専門家トレーニングを促進するために努力している
と彼は言います。