シドニー工科大学の看護、助産、健康 (NMH) 学部は、看護および助産の革新的な実習志向プログラムと
医療サービス管理で世界的に高く評価されています。これらのコースは
根拠に基づいた実習を重要視してきました。結果としてオーストラリアの医療教育も指導してきました。

学部講師の Michelle Kelly が 2005 年に休暇を使用してシミュレーション教育と学習施設を指導するためにいくつかの国を訪問した後の
2006年にUTS へ最初のシミュレーションテクノロジが導入されました。新しく取得した貴重な専門技術を携えて
UTS へ戻った後、Michelle は学部の管理サポートを模索し、NMH カリキュラムへシミュレーションテクノロジ
を導入しました。UTS および NMH の両方からの多額の投資により、学生は最先端の臨床実習
とシミュレーション研究室で学習できるようになりました。

 

学生の仕事への心構え

5年間で、Michelle は学部に画期的な変革をもたらしました。現在では実体験のように感じることができるシミュレーションテクノロジを
毎年の看護師コースのカリキュラムに組み込まれるようになりました。多くのスタッフは教育と学生体験を変えるために、この新しい学習方法を採用し取り入れました。

シミュレーションおよびテクノロジ ディレクタとしての現在の彼女の役割の中で、Michelle は、シミュレータとシミュレーションテクノロジは、仕事への心構えができている学生を送り出すという大学の方針を支えるための重要な役割を演じていると報告しています。これを実現するのに重要なことは、患者と患者の安全性に関心を引きよせる方法に重点を置くことです。「シミュレーションの学習体験を通して、学生は安全で現実的なシミュレーション設定で基本的な臨床実習技能を取得することができます。これは学生に自信を与えるだけでなく、最高の実習シナリオを学生に提供することができます。」と彼女は言います。

この方針は、シティキャンパスの4つの最先端の看護および助産研究室、クーリングガイキャンパスのシミュレーション研究室を含む学部施設内では確実で明らかです。
それらすべての施設にはさまざまな臨床シナリオの高忠実度シミュレーション
が装備されています。

研究室の側には、教育または技術スタッフがリモートでシミュレート患者の状態を変更し、
学生の反応を観察し、天井カメラやマイクから行動をデジタル録画できる一連のコントロール室があります。録画して学生の技能を
確認したり、与えられた報告会で特定のフィードバックを提供するのに使用することができます。

 

Moulage (the art of applying mock injuries)

 

学習の促進

Michelle は、シミュレーションテクノロジの近年の進歩、特に最新のオーディオビジュアル録画の追加が
学習体験を「急成長」させたと報告しています。

現実的な実験シナリオの作成の他に、学部ではムラージュでその実験技術者を定期的に訓練します (偽の怪我
を適用するコツ)、とMichelle は言います。「外傷や火傷の患者の状態にマネキンをするために通常技術者を使用します。3年生の救命救急看護学生は、まるで生きているように見えるマネキンの外観と
リアルな反応に驚き感心します。」と彼女は言います。産科学の講師は産後の状況や合併症など、
学生助産婦のための現実的なシミュレート出産経験を作成するのがうまいです。 

 

積極的な学生の参加

この分野でのシミュレーションテクノロジの使用への高まるテスタメントとして、Michelle は、最初の年の看護学生のためのシミレーション週の
発足準備チームのサポートしています。(対話的シミュレーション経験参加者として 350 人を考えています)。この規模の
イベントには、さまざまな仕事があり、先見、チームワーク、準備が必要であることを明確です。

もちろん、確立した作業環境に新しいテクノロジを導入するのはそんなに簡単ではありません。そして、Michelle は参加者によっては
シミュレーションテクノロジに関心を持たせるのにさらなる魅力が必要であることを認めています。「調査に答えるほとんどの熟練した看護師には、
シミュレータと取り扱うのにさらなる刺激が必要です。彼らは初め、「それらは本物ではない。本当の臨床実習ではない」などと言います。しかし、いったんマネキンの能力、特に、「患者(マネキン)」が話し、それらが多くの
生体パラメタを判断できることを確認すると、彼らは非常に感動します。」と彼女は言います。

Michelleは、シミュレーションテクノロジの使用が、卒業生からオーストラリアの資格を取得する必要がある留学生まで
さまざまな多くの学生のための有益な活動であると考えています。「積極的な参加者の学習活動が非常にパワフルで、
円滑な報告と反省と共に使用されると、シミュレーションテクノロジ使用の結果は、他の学習方法と比較して確実に記憶に残ります。」と彼女は言います。