サウザンヘルスはビクトリア最大の首都圏公共医療施設です。4つのメルボルンキャンパスには 12,000 人の臨床スタッフが勤務しており、オーストラリア最大の最先端シミュレーションセンターの1つです。

1997年設立のサウザンヘルスシミュレーションセンターは、南半球で最初に設立された1つです。元々は、病院の麻酔科主導のシード資金調達により、サウザンヘルスシミュレーションセンターは初めは、臨床麻酔科スタッフの教育のニーズにのみ対応したものでした。

10年以上の継続した運営が功を奏し、現在のサウザンヘルスシミュレーションセンターではさまざまな医療専門家向けの最先端シミュレーショントレーニングを提供しています。サウザンヘルス全体の医学生、就労前の従業員、専門医師、および看護および医療関係者が含まれます。

 

リスクの低減

第1研究者の Stuart Marshall 氏によれば、シミュレーショントレーニングは臨床リスクの低減と患者の安全性を向上させるためのサウザンヘルスの現行の方針で重要な役割を演じています。

医療練習生が手術室、緊急科、病棟、分娩一式など‘実際の’臨床環境を利用できるようにして、サウザンヘルスシミュレーションセンターは生徒や教育スタッフに、広範囲な臨床設定での実施および通信の独自の洞察力を提供します。

それらのシミュレートセッションで学習するレッスンは、より安全な作業条件と患者の安全性の向上を実現するために教育カリキュラムと臨床環境に導入されています。

Marshall 氏は、シミュレーションセンターのインターベンションの開発と病院環境へそれらを展開する能力は、非常にメリットがあると報告しています。「電話連絡に非常に有効なインターベンションを作動させました。病院環境の通信の洗練および構造化の実現に効果的でした。シミュレーションセンター内でのニーズを特定し初期戦略を開始し、病院全体の実習にインターベンションを配置する前に小さなグループに調査結果を導入しました。」と彼は言います。

 

学生の期待

シミュレーショントレーニング固有のメリットは、医療トレーニングに欠かせない部分としてシミュレーションを考えているサウザンヘルスのさまざまな学生の数に影響しないことです。Marshall 博士によれば、サウザンヘルスの学生と研修医全員は、最初からシミレーションで訓練を受けています。

事実、最近の学生はテクノロジとその用途に非常に慣れています。彼らはトレーニングの一部として考えています。「シミュレーションを使用することで、容易に学生の関心を引くことができます。最近の多くの学生はテクノロジを利用することを期待しており、おおいに受け入れてくれます。」とMarshall 博士は言います。

 

垂直統合トレーニング

垂直統合シミュレーションカリキュラムの確立するというサウザンヘルスの決定は、オーストラリアのシミュレーショントレーニングの新しいベンチマークを設定しました。シミュレーションをトレーニングカリキュラム全体に組み込むこんだサウザンヘルスセンターは、‘全面的な’シミュレーショントレーニングイニシアチブを導入した、南半球で最初のセンターの1つです。

もちろんシミュレーションテクノロジのメリットを受けるのは学生や患者だけではありません。高品質の医療の提供は益々複雑になるので、すべてのレベルの専門家は臨床流通の維持と技能の取得と職場への移転を最大化するための重要な方法としてシミュレーションセンターを使用しています。

シミュレーションテクノロジを2次的教育支援として単純に使用するのではなく、サウザンヘルスはスタッフおよび学生全員の日常活動にそれらを組み込むことにしました。医学部の学生、下級および上級医療スタッフ、緊急医療看護および医療スタッフ、麻酔看護と医療スタッフ、助産および産科医療スタッフ、外国の医学部卒業生、救急救命士、地方の GP 麻酔医、および麻酔/回復スタッフを含むさまざまな医療専門家へのさまざまなコースを提供します。