あなたにしかできないことがあります

Inga-Britt and her father.Daughter saves father 

ノルウェーのレスヤで暮らすインガ・ブリットさん(14歳)は、父親が突然心停止を起こして食卓の上に倒れた時、すぐに行動を起こしました。彼女はまず電話で救急車を呼び、次に父親にCPRを行うよう、母親に指示しました。インガ・ブリットさんは、学校で教えられたミニアンCPR授業で心肺蘇生を学んだばかりでした。そして学んだ知識を実際の状況に応用し、父親の命を救ったのです!

インガ・ブリットさんは、ノルウェー航空救急財団がミニアンを利用して行っている自己学習プログラムである「学校プロジェクト」キャンペーンの日常生活に与える影響の大きさをまさに実証して見せたのです。

Inga-Britt (14) from Lesja in Norway reacted instantly when her father collapsed across the dinner table from sudden cardiac arrest. First she dialed for an ambulance. Then she instructed her mother to perform CPR on her father. Inga-Britt had just learned the life-saving skills of CPR from a Mini Anne CPR course given at school – and she managed to apply that knowledge to a real life situation that helped save her father’s life!

Inga-Britt has truly shown how the “School Project” campaign, using the Mini Anne Self Directed CPR Learning Program, organized by The Norwegian Air Ambulance has made an impact on daily lives.

 

 

 

Kaitlin Forbes to the left.Teacher saves student 

ケイトリン・フォーブスさん(20歳)は、5年前に学校の校庭で心肺停止状態になりました。彼女がいま生きているのは、当時の担任だった
ロン・キーフ先生が目の前で起きた緊急事態への対応方法を正しく身につけていたおかげです。教科書に具体的な例が示されていた「救命の連鎖」に従い、彼は生徒の1人に職員室から911に電話をかけるよう指示し、もう1人にAEDを取りに行くよう指示すると同時に、ケイトリンさんにCPRを始めました。一通りのCPRを行った後、すぐにAEDが届きました。後にロン先生の同僚の先生は、その時のことについて「私たちは、訓練で学んだ通りのことを行いました。電極パッドを彼女にあて、ショックを与えると、彼女は息を吹き返したのです」と語りました。ケイトリンさんが命を取り留めたのは、学校の先生がこのような緊急事態に備えるだけの先見の明を備えていたおかげなのです。

その14ヵ月後、予想もしなかった悲しい運命が起こりました。ケイトリンさんの親友がわずか17歳で、突然の心肺停止によってこの世を去ってしまったのです。地域の人々は、今でも「彼女の運命を変えることはできなかったのだろうか?」という疑問をぬぐい去ることができずにいます。現在、その地域では積極的にCPRとAEDの啓蒙に努めています。ケイトリンさんは、このような誓いの言葉を述べています。「私は全ての人がCPRについて学ぶべきだと思います。CPRの使い方を学ぶ必要などないと思っている方もいるでしょう。しかし、そのような方々が予想もしないことが日々起こっているのです」

Kaitlin (20) is alive today because when she suffered cardiac arrest on the school games field 5 years ago, her teacher, Ron Keefe, knew exactly how to respond to the emergency unfolding before him. A textbook example demonstrating the Chain of Survival explicitly, he instructed a classmate to tell the school office to dial 911 and another classmate to fetch the AED while he started CPR on Kaitlin. Following one round of CPR and the swift arrival of the AED - as Ron’s colleague later remarked, “We did the steps we were trained to do - we put it on her, it shocked her and brought her back to life.” Kaitlin survived because the staff at her school had the foresight to prepare for such an emergency.

In a sad twist of fate, Kaitlin’s best friend was to die of sudden cardiac arrest 14 months later at the age of 17. The question still lingers in the community - could her fate have been different? Today, the community is active in promoting CPR and AED awareness. Kaitlin sums up this commitment - “I think everyone should know CPR. You might think you’ll never have to know how to use it, but things happen every day that you don’t expect.”

 

mother_daughter

Mother saves daughter

ダリエラさん(22歳)が生きのびることができたのは、彼女の母のおかげです。家族で営む製靴工場の研磨機の傍でダリエラさんが倒れているのを母が発見したとき、彼女は何を行うべきか正しく知っていたのです。その時、研磨機は作動し続けており、そこにダリエラさんのスカーフが巻き込まれていました。「一秒も無駄にはできないと判っていました」と、ダリエラさんの母カチカ・ドキッチさんは言います。彼女は娘が息はしていないものの、心臓が弱々しく動いているのを確認しました。そこで素早くスカーフを裂いてダリエラさんののどを緩め、床の上に慎重に横たえると、マウス・トゥ・マウス人工呼吸と心臓マッサージを始めました。そして工場を訪れた客に向かって、「救急車を呼んで!」と叫んだのです。

「いろいろな思いが頭の中を駆け巡りましたが、とにかく救急車が到着するまで冷静になろうと努めました」とカチカさんは言います。彼女は、30年ほど前、クロアチアの学校でCPRについて学んでいました。耳鼻咽喉分野の専門家ヤン・マグナス・フレッドハイム氏は「窒息した場合には、とにかくできるだけ早く気道を確保し、酸素を送りこむことが重要です」と強く訴えています。

 

カチカさんは、娘の命を救うことができたことに感謝するとともに、中学校・普通科学校の生徒のカリキュラムに救命教育が組み込まれることを望んでいます。なぜなら、その生徒たちはまさに、その多くが今後、事故に直面することになるであろう年齢にさしかかっているのです。

Dariela (22) survived because her mother knew exactly what to do when she found Dariela unconscious next to the polishing machine, in the family’s shoemaker workshop. The machine was still running and Daniela's scarf was caught in it. ''I know that every second counts,'' says Katica Dokic. She realized her daughter was not breathing, but there was a weak pulse. She quickly managed to release Dariela’s throat, tear the scarf, put her daughter carefully down onto the floor and start mouth-to-mouth ventilations and heart com-pressions. A customer came in, and Katica cried ''Call! Call!''

''A million thoughts rushed through my mind, but I managed to stay calm until the ambulance arrived,'' says the mother, who had learned CPR at school back in Croatia some 30 years earlier. ENT specialist Jan Magnus Fredheim stresses that ''with suffocation it is absolutely crucial to restore the airway passage and provide oxygen as quickly as possible.''  

Grateful for being able to save her own daughter’s life, Katica would now like to see that lifesaving is integrated with the curriculum for students at the middle and comprehensive level, as these children are right at the brink of the age where many of them will encounter accident situations. 

 

 

Reproduced with kind permisson of Times Newspaper.

Mother saves baby son

デイヴィッド・ホワイトちゃん(2歳)は、11ヵ月の時にひきつけを起こして呼吸が停止し、
母のデブラさんの手によって助けられました。イーストサセックス州ブライトンに暮らすデブラさんは、イギリス心臓病支援基金の講座でCPRについて学んでいました。

David (2) from Brighton, East Sussex was saved by his mother Debra White when he developed convulsions and stopped breathing at eleven months. Ms. White had learned CPR at a British Heart Foundation course and that knowledge saved her baby son's life.