Harveyは、ベッドサイドで行う心疾患のアセスメント技術を学ぶためのツールとして約40年の実績を持っており、医学教育の分野で最も長く使用されているシミュレータです。

【製品の利点】

  • ボタン操作で血圧、脈拍、心音、心雑音を変えることにより、あらゆる心疾患をシミュレートできます。
  • 40年の歴史を持つHarveyは、テクノロジーの進化と共にバージョンアップしています。現行の最新モデルは、以前のものと比べ大幅に改良されており、病歴、ベッドサイド所見、あらゆる臨床検査データ、内科的および外科的治療に対応しています。
  • 年に数千名の学生、レジデント、医師、医師助手(PA)、看護師、ナースプラクティショナー(NP)が、世界中医療センターでHarveyを使った教育を受けています。
  • Harveyは複雑なセットアップや設定を必要とせず、電源を入れるだけですぐに使用できます。

【製品の特長】

  • ポータブル設計(約42.2kg)。過去のモデルより格段に軽量化されています。
  • 6か所の呼吸音エリア
  • 9箇所の心音聴診エリア
  • 30種類の心臓疾患を再現
  • 12箇所の拍動部位
  • 音源の振幅および強度は変更可能
  • 病歴聴取(会話)用スピーカー
  • コンピュータがUMedic®学習システムにリンクしており、効率的なインストラクションが可能
  • 様々な学習環境に対応:
    - UMedicとのリンクによる自己学習
    - 少人数での学習セッション
    - 多人数での講義スタイル

ユーザー事例

リアルなトレーニングは、共同運営されるインディアナポリスのシミュレーションセンターの臨床教育プログラムをコスト効率よく向上させる

非常に臨場感にあふれるフェアバンクス多職種シミュレーションセンター(Fairbanks Interdisciplinary Simulations Center)では毎年、何千人ものインディアナ大学の学生がリスクのない多職種連携の環境の中で臨床スキルを磨いている。フェアバンクスでは施設の至るところでさまざまな最先端のレールダル社製マネキンが活用されている。トレーニングに参加する専門家と看護学生は、仮想患者を相手に実際の器具や最新機器を用いて手術を最初から最後まですべて行い、最近開放された体腔に処置を行うことがどういうものかを体験する。フェアバンクスではバーチャルリアリティを用いた学習をこれまでにないレベルへと引き上げており、毎年何千人もの学生がその現実的なトレーニングプログラムから益を得ている。   詳細はこちら ›