ホームEvents2nd RUN (Resuscitation User Network) Meeting in KANAZAWA

2nd RUN (Resuscitation User Network) Meeting in KANAZAWA



開催場所 金沢流通会館(金沢市問屋町2丁目61番地), Kanazawa, Ishikawa
開催日程 11 26.16
詳細URL http://laerdal.cvent.com/d/mvq235/1Q

地域医療の連携を深め、
High Performance CPRを極める 

 

RUN は、蘇生に携わるすべての方を対象とし、教育、研究、臨床などのさまざまな観点から

蘇生に関する、意見交換をしていただくことを目的としています。


蘇生の『今』に耳を傾け、その実践を通して蘇生率の向上に役立てて頂ければ幸いです。

 

【日時】   2016年11月26日(土)11:00-16:30 (受付:10:30)

【会場】   金沢流通会館  (金沢市問屋町2丁目61番地)

【定員】      80名

【参加費】  5,400円(税込み)   


お申し込みはこちら

【Program】

10:30-11:00   受付開始
11:00-12:00    講演: 金沢大学病院救命センター長(石川県MC協議会会長) 稲葉英夫先生

12:00-13:00   Tea Break
                                  ※簡単な軽食をご用意しております。

13:00-14:00          講演:     Telephone CPR とシミュレーション
                                                  奈良県立医科大学救急医学教室講師     福島英賢先生

14:00-15:00          QCPR コンテスト

15:00-16:00          講演:      CPRの質を上げるために何をすべきか?  ~戦略的な視点で見るCPR~
                                                   りんくう総合医療センター大阪府泉州救命救急センター医長    中尾彰太先生


============================= 【抄録】============================

Telephone CPR とシミュレーション/福島英賢先生

119番通報した際に消防通信司令員が行う口頭指導によって市民が行う心肺蘇生法(CPR)をTelephone CPR(TCPR)と呼ぶ。TCPRは院外心肺停止症例の低い蘇生率を改善する方法として注目されている。しかしこのTCPRに関する情報は音声の通話記録しか無く、その実態は不明な点が多い。このため有効なTCPRを検討する際にシミュレーションは不可欠である。シミュレーションを活用したTCPRの研究について、自施設での研究を含めて紹介する。

CPRの質を上げるために何をすべきか?~戦略的な視点で見るCPR~ /中尾彰太先生

CPRの質向上のためには、個人やチームのパフォーマンスの質を上げることが必要ですが、それは戦術的な考え方であり、それだけでは不十分で、その戦術を支える戦略的な考え方(明確な目標設定など)が必要であるということをお話させていただければと考えています。

 

お申し込みはこちら

 

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

 

 【参加費のお支払いについて】
参加費 5,400円(税込)のお振込みは、11月21日(月)までにお願いします。

お振込み時には備考欄に「RUN 氏名」とご記入ください。
誠に勝手ながら振込手数料はご負担頂きますようお願い申し上げます。

==========================
振込口座:三井住友銀行 新宿西口支店
普通預金 8647445
口座名: レールダルメディカルジャパン株式会社
==========================

資料ダウンロード 2nd RUN Meeting プログラム

Copyright 2016 Laerdal Medical. All Rights Reserved.