心停止後の生存率は発生から1分経過するごとに7%~10%低下すると言われています。より多くの命を救うために、早期段階での質の高いCPR(Early quality-CPR)の実施が非常に重要となります。