ヘルスストリーム社がレールダルメディカルのディブリーフィング用システム、レールダルAVS(Advanced Video System)の権利50%を取得

2011年3月30日、米国テネシー州ナッシュビル発

医療業界でラーニングとリサーチソリューションをリードするヘルスストリーム社(NASDAQ: HSTM)は、レールダルメディカル社のレールダルAVS(Advanced Video System)の権利50%を取得したことを本日発表しました。レールダルAVS は、患者シミュレータのユーザーがシミュレーションの映像・音声データ、データログおよび「患者」の反応を簡単に捉えることができるようデザインされた製品で、学習を最適化するための強力なディブリーフィング・ツールを作成します。今回、このディブリーフィング用システムを、ヘルスストリーム社とノルウェーのレールダルメディカル社が共同設立したSimVenturesにおいて共同所有することとなりました。レールダルAVSは今後12ヵ月以内に機能を充実させて「SimView™」に商標を変更し、患者シミュレータに対応した待望のシミュレーション管理プラットフォーム、SimCenter™と完全統合される予定です。

 

ディブリーフィングはシミュレーション教育の最も重要な要素ですが、レールダルAVSを活用することで、ディブリーフィングをより効果的なものとすることができます。このディブリーフィング用システムは、受講者が患者シミュレータを用いて行ったシナリオを正確に再現することで、受講者が実行したと思っていたことに対して実際はどうだったかを確認することのできる強力なツールです。レールダルAVSは、最大4つのビデオカメラのデータ、マイクからの音声データおよび専用患者モニタのデータを患者シミュレータのイベントログと自動的に同期します。インストラクターはシナリオ実行中にイベントログにコメントを追記することが可能で、様々なオプションを通じてディブリーフィングファイルの配信、保存、配布を簡単に管理することができるのです。

 

SimVenturesが医療教育者約900人を対象に行った調査によると、患者シミュレータを使用している教育者の94%が「鮮明かつスムーズに再生できる質の高いシミュレーションのビデオ録画機能」が必要だと感じていました。しかし、何らかのデータ記録を行っている教育者のうち、現在「映像」データを記録しているのはたった38%でした。1月に発表された革新的なシミュレーション管理プラットフォームSimCenterのコンテンツアプリケーションとして統合されるレールダルAVSを活用すれば、ディブリーフィングセッションに向けたシミュレーションデータの管理、配布、アーカイブ化がさらに簡単に行えるようになります。

 

「世界中の医療従事者や医療教育者が、シミュレーション学習後のディブリーフィングセッションをサポートするための手段としてレールダルAVSを採用しており、1000台以上が主要なシミュレーション施設に設置されています。なぜなら、レールダルAVS はSimMan 3G、SimMan、SimBaby、SimNewBといった患者シミュレータに共通で使用できるアドオンシステムだからです」と、レールダルメディカル社CEO、Tor Morten Osmundsenは述べています。「次世代のレールダルAVS、SimViewが間もなく新たなシミュレーション管理プラットフォームSimCenterに統合されることで、シミュレーション学習全体がより使いやすくなり、より効果的な学習機会の提供が可能となることを大変うれしく思っています」

 

ヘルスストリーム社はAVSの所有権50%に対し現金総額350万ドルを支払い、現在の手許資金を今回の取引の資金に充当しました。AVS/SimViewの取引が完了したことにより、2011年通期の連結売上高が2010年通期比で16%~19%増、2011年通期の営業利益は2010年通期比で16%~20%増を見込んでいます。

 

「AVSは、医療従事者や医療教育者にとってシミュレーション学習への投資を最大限に活用するための効果的な手段といえます」と、ヘルスストリーム社社長兼CEO Robert A. Frist, Jrは述べています。「AVSを用いてデータを記録することにより、映像の再生、アーカイブされたデータログやビデオ映像、インストラクターによる注釈やコメント、データファイルの共有が可能となり、これにより受講者の学習機会を大いに充実させることができます。シミュレーション管理プラットフォームSimCenter の重要なコンテンツアプリケーションであるSimViewの基盤となる、この非常に優れたディブリーフィング用システムの権利を50%取得できたことを大変うれしく思います」

 

SimCenter について

SimCenterはシミュレーション管理プラットフォームとして、レールダルのSimMan 3G、SimMan、SimBaby、SimNewBなど患者シミュレータに対応するソフトウェアを統合しており、サービス型ソフトウェア(SaaS)としてインターネットで利用可能となります。SimCenterには以下のアプリケーションが含まれています。 

  • SimStore: SimStoreは、本日発表された医療業界のリーダー機関が開発したコンテンツのポータルとなるアプリケーション。医療従事者や教育者は、2011年4月よりシミュレーションシナリオの購入やサンプル版の使用が可能となり、彼らの医療トレーニングに使用できる。
  • SimDeveloper: SimDeveloperは、本日発表されたSimStoreでコンテンツを販売することができるシナリオ開発者用のオンラインソフトウエア用のツールキット。
  • SimManager: 年内発表予定のSimManagerは、シミュレーションを利用したトレーニング活動をカスタマイズできる管理システム。シミュレーショントレーニングのスケジューリング、トレーニング修了状況の追跡、トレーニングで使用したシナリオやコンテンツの管理、進捗レポートの作成、製品やラボ・研修室の予約、シミュレーションカリキュラムの管理ができる。
  • SimView:年内発表予定のSimViewは、シミュレーショントレーニングの状況や、シミュレータのログファイル、患者シミュレータからのバイタルサインを録音・録画できるAVシステム。インストラクターは、実際のシミュレーションを振り返ることができる。


ヘルスストリーム社について

ヘルスストリーム(NASDAQ: HSTM)は、医療業界のトレーニング・リサーチソリューションを提供しているワールドリーダーです。思考の中のアイディアを形にし、医療機関に確実な成果をもたらしています。ヘルスストリームのトレーニングソリューションを利用した病院勤務の医療従事者の数は約236万人、臨床現場における患者の安全性向上、スタッフのスキル向上、最新情報とテクノロジの伝達の迅速化に貢献しています。また経営陣向けには、リサーチソリューションが、患者の待遇、スタッフの課題、医師にかかわる諸問題、診断に対する地域社会の評価などについての情報を提供しています。ヘルストリームの本社は、テネシー州ナッシュビルにあります。 トレーニング・リサーチソリューションについての詳細は、ホームページをご覧ください。  www.healthstream.com

 

レールダル メディカル社について

レールダル メディカル社は50年以上にわたり、医療ソリューションを提供するワールドリーダーとして一人でも多くの助けられる命を救うために、患者の転帰を改善し救命率を高めるための製品・医療教育サービス・ソリューションを提供し、傷病者の救命医療に貢献しています。 本社はノルウェー、スタバンガーにあり、世界23カ国で業務を展開しています。 詳細はwww.laerdal.com をご覧ください。

 

本プレスリリースに記載されている情報は、将来的な内容を含んでおり、ヘルスストリームに関するリスクや不確定要素を伴っています。投資の際には、将来的な内容から予測される結果や出来事が、将来の実際の結果や出来事と大きく異なる場合があることをご考慮ください。本プレスリリースに記載されている情報には、1995年私募証券訴訟改革法(Private Securities Litigation Reform Act of 1995)の免責条項が適用され、将来的にも適用される可能性があります。具体的に数字で示されているヘルスストリームの財務予測は、当社の業績に関するさまざまな想定に基づいた将来の見通しを述べたもので、実現しない可能性があります。よって将来的な見通しについて、当社はその実現を表明する、あるいは保証するものではありません。