3つの病院はBLSトレーニングにより目標を達成する方法を検討し、HeartCodeプログラムの導入を決める。

3つの病院すべてに共通して見られ、さらに多くの医療機関でも頻繁に指摘されているのが、既存のBLSトレーニング法における欠点である。従来のトレーニング法には多くのコストと時間を必要とし、一貫したコンピテンシーの発揮という点でスタッフのBLSの教育効果に大きな差があるといった問題があった。

 

変化のとき

3つすべての病院が直面していたこれら典型的な問題は、マーシー・メディカルセンターの例に集約される。この小規模なcritical access病院はダビュークから西に25マイルの場所に2つの施設を有しており、1350名いるスタッフのうち800名が半年ごとのBLS資格の更新を必要としている。従来のライブ形式でのBLSトレーニングクラスでは、通知の有無にかかわらず大多数の人が予約したセッションを欠席したり、講習を行うための部屋が確保できなかったり確保できた時間が少ないといったことが度々問題となっていた。またトレーニングニーズに見合うだけの十分な授業数が開かれておらず、インストラクターの数も十分ではなかった。さらに、非常勤スタッフやシフト制勤務により日程を組むのが難しい点や、このプログラムを継続するためには莫大な運営支援が必要という点もあった。これらの課題をコストの面から検討した結果、別のトレーニング法の検討を優先すべきと結論された。

「実に簡単でした」

一定期間候補となる選択肢の検討を行った後、3つの病院はいずれもソリューションとしてHeartCode BLSを導入することにした。この対話形式自己学習型eラーニングプログラムであるHeartCode BLSを用いたトレーニングコースでは、アメリカ心臓協会のBLSヘルスケアプロバイダーコースで必要とされる認知スキルすべてが網羅されている。

HeartCode BLSプログラムを導入するに当たって、ボストン・メディカルセンターではスタッフを前回の資格有効期限にしたがって12月群と5月群の2グループに分けた。このセンターでは現在、3日間計12時間にわたるスキル講習が年2回行われている。スタッフは各クラス出席前に勤務時間を利用してオンラインコースを受講し、その後クラスで再認定のためスキルを示すことが求められる。センターのスポークスマンは、「この新しいシステムに対するスタッフの評価は大変積極的なものでした。システムの導入は実に簡単でした」と、感想を述べている。

患者、スタッフ、組織に対する結果が向上

ケタリング・メディカルセンターではHeartCode BLSに変更後、蘇生率が14%(すでにAHAの基準値12%を上回っている)から2倍近くの27%に増加し、その一方でBLSトレーニングのコストは$600000近く削減された。ボストン・メディカルセンターとマーシー・メディカルセンターも大幅なコスト削減に成功した一方、受講者の合格率は一貫して高く、運営支援およびトレーニングのための時間の双方の面においても実質的な削減が得られた。

HeartCodeプログラムについて、ケタリング・メディカルセンターのあるBLS受講者は次のように話を結んでいる。「求められるときにスキルを活用できるようこれまで以上に備えができています」

Common to all three hospitals and often described by many more healthcare organizations, were the shortcomings of existing methods of BLS training, which were cost intensive, time challenging and widely variable in terms of delivering consistent competency in staff’s BLS effectiveness.

Time for change
These typical challenges faced by all three hospitals can be summed up by the Mercy Medical Center. A small critical access hospital comprising two facilities 25 miles west of Dubuque, of their 1,350 staff members, 800 require BLS certification renewal on a bi-annual basis. Repeated problems that arose with their traditional BLS ‘live’ training classes were significant no-shows for scheduled sessions irrespective of reminders, limited access and time for room reservations to conduct the classes, never having enough classes or instructors to meet training needs, timetable challenges as a result of part-time staff and shift availability, and a high volume of administrative support to keep the program running. When all these challenges were reviewed in the context of costs, it became a priority to investigate other training methods.

“It was really an easy process”
Following a period of time to evaluate alternative options, all three hospitals adopted the HeartCode BLS solution. An interactive, self-directed eLearning program, the HeartCode BLS training course completes all cognitive requirements for the American Heart Association BLS for Healthcare Providers Course. 

To implement the HeartCode BLS program, Boston Medical Center divided their staff into two groups based on their previous certificate expiration date. This created a December group and a May group. They now offer three 12-hour skills days twice a year. Staff take the online course during work prior to attending one of these classes, at which they are then required to demonstrate their skills for re-certification. A spokesperson for the center observed, “Staff evaluation of the new system has been overwhelmingly positive. Its implementation was really an easy process.”

Improved Results for the Patient, the Staff and the Organization
Kettering Medical Center has nearly doubled their resuscitation rates from 14% (already above the AHA benchmark rate of 12%) to 27% after transitioning to HeartCode BLS, while saving nearly $600,000 of their BLS training costs. Boston and Mercy Medical Centers have also cited significant savings, while also reporting consistently achieved higher pass rates from trainees, and a substantial reduction in both administrative support and allotted training time. 

Summing up the HeartCode program, a BLS Trainee from the Kettering Medical Center concluded, “I feel I am more prepared should I need to use my skills.”