軍陣医学センター(Centre for Military Medicine)は、パラメディックのトレーニングのため戦場さながらのシナリオにリアルさをプラスしてより現実性の高いものにしたいというインストラクターらの願いを受け、教育モデルの改定を目指していた。センターは、シミュレーションスタジオの設置によりトレーニングチームは従来の方法よりもリアルな戦場環境、治療施設、まれな緊急事態を再現できると判断した。

フィンランド・ラハティにある軍陣医学センターは2006年に設立された。このセンターでは軍人のための医療トレーニングを提供しており、トレーニングは特に戦場や災害地域など典型的な軍による一次応答の緊急事態(military first response emergencies)の管理に重点が置かれている。またこのセンターでは外部の民間団体にも教育サービスを提供している。


シミュレーショントレーニング 

軍陣医学センター(Centre for Military Medicine)は、パラメディックのトレーニングのため戦場さながらのシナリオにリアルさをプラスしてより現実性の高いものにしたいというインストラクターらの願いを受け、教育モデルの改定を目指していた。センターは、シミュレーションスタジオの設置によりトレーニングチームは従来の方法よりもリアルな戦場環境、治療施設、まれな緊急事態を再現できると判断した。こうして、コントロールルームを備えた大規模なシミュレーションラボが設置され、現在ここで兵士や民間人を対象としたトレーニングが行われている。照明を調節し、煙を立たせ、爆発音を鳴らすことで、この演出された戦闘を兵士らはよりリアルに感じることができる。また、ここで遭遇する患者の外傷は銃創から破片等の飛散による外傷までさまざまである。トレーニングセッションはワイヤレスのマイクと3台のカメラで記録してDVDに保存し、各シナリオ後すぐに行われる個人的なデブリーフィングの際にこの映像を用いて分析する。

 

ストレス下で行う

このシミュレーションの主要な目的は、危機管理力を訓練し、チーム内でのコミュニケーション能力とプレッシャー下において生産性の高い行動力を向上させることである。あらかじめ用意されたシナリオのテーマは開始直前に兵士らに伝えられるが、コントロールルームでインストラクターがシナリオの過程を操作しているため、学習者はシナリオがどのように展開していくのか知る由もない。

 

兵士向けのシミュレーション外傷
銃創、破片等の飛散による外傷、爆傷、地雷創、熱傷、圧迫性外傷、化学兵器による被害、生物兵器による被害

 

民間プログラム向けのシミュレーション状況
脳損傷、低体温、全身状態の悪化、溺死、心原性ショック、痙攣、中毒、放射性物質の曝露による被害、胸痛、心不全、感電など。

シミュレーショントレーナーであるRNのJutta Sarakangasは、「どの学習者もシミュレーションプログラムに非常に満足していました」と話している。このセンターでは現在、SimMan 6体、一次救命処置の初期学習に用いるレサシアンとミニアン/CPR Anytime(ミニアン)キットなどのトレーニング資器材が用いられている。時間と共にプログラムの数は増加しているが、Jutta Sarakangasは「将来的には今あるSimManをSimMan 3Gに交換できればと考えています」と話を結んでいる。

The Centre for Military Medicine in Lahti, Finland was established in 2006. The center provides medical training for military personnel with particular emphasis on management of typical military first response emergencies on the battlefield and multifarious disasters. The center also offers its educational services to external civil organizations.

 

Simulation training: The center for Military Medicine was looking to renew its educational models as the instructors wanted to bring more realism into replicated war-like scenarios developed for paramedic training. The center found that a simulation studio would enable the training team to recreate more lifelike battlefields, treatment sites, and rare types of emergency situations than the more traditional methods had previously allowed for. Hence, a full-scale simulation lab with a control room was built where both soldiers and civilians train today. Effects: By adjusting the lighting, applying smoke and the sound of explosions, soldiers experience an augmented realistic feel to the staged battles, where a patient’s injury may vary from a gunshot wound to a fragment injury. The training sessions are recorded by wireless microphones and three cameras and stored on a DVD that is analyzed during personalized debriefings that take place immediately after each scenario.

 

Main purpose: CRM training (Crisis Resource Management)

  • Learn efficient use of resources
  • Enhance communication skills
  • Learn to act under pressure in a disciplined, productive manner
  • Team training

Soldier scenarios: Gunshot injuries, fragment injury, blast injury, mine injury, fire injury, pressure injury, victim of a chemical weapon, victim of a biological weapon. Topics of the pre-planned scenarios are revealed to the soldiers right before start, but the trainees have no clue as to how the scenario will develop as this is controlled by the instructor in the control room.

Civilian scenarios: Brain injury, hypothermia, impaired general condition, drowning, cardiogenic shock, convulsions, poisoning, victim of radioactive material exposure, chest pain, heart failure, electric shock etc. 

Training equipment: The center’s training equipment currently includes 6 SimMan, a selection of Resusci Anne manikins along with MiniAnne/CPRAnytime kits used for initial acquisition of basic life support skills.

Pleased users: RN and simulation instructor Jutta Sarakangas says “The trainees are all very satisfied with the simulation program.” Although the program has grown over time, the instructor aims for even more advanced equipment: ''Hopefully we will have an opportunity to exchange some of our SimMan manikins for a SimMan 3G in the future.’’