「私たちがシミュレーショントレーニングを開発する上で行っていることは、ここスカンディナビアにおいて非常にユニークなことです」。こう語るのは、専門看護師で陸軍医療部講習センター(Army Medical Service Course Center:FSAN)の作戦コーディネータ(Operational Coordinator)でもあるLotta Lydenである。実践訓練をよりリアル感のあるものにするため、外科用建物内で新たなコンセプトを立ち上げた。「私たちは2008年9月にここで大規模なシミュレーショントレーニングの提供を始めました。現在、トレンチ(溝)の実物大模型を作製したり、煙、光、熱、悪臭といった必要な環境を作り上げたりすることが可能となっています。シミュレータは実際の外傷を負った患者に似せてペイントを施し、プラグラムの設定をおこないました」と、Lydenは話す。


シミュレーションの準備

参加者はシミュレーションルームに入る前に、起こった出来事に関していくつかの一般情報が与えられます。しかし、関連する詳細な情報については明かされません。こうすることで、兵士らは扉の向こうで何が起きているのか少なくとも概要をつかむことができる。シナリオは常にインストラクターが監視し、兵士のパフォーマンスに細かな注意を払い、実行中にサポートと助言を与える。またインストラクターは、学習成果を向上させるのに役立つと判断した場合、学習者に課題を与える。「効果的なシミュレーショントレーニングとなるかどうかは、インストラクターのコンピテンス、経験、シナリオの作成能力に依存しています。各シミュレーションシナリオは医療トレーニングに必要なさまざまなグループ、異なるカテゴリーの人々に合わせて作成するため、シナリオ作成時には患者の専門的背景、国外での作戦に参加したことがあるか、特別任務に従事したことがあるかどうか慎重に考慮します」と、コーディネータは説明している。

 
柔軟性

FSANはトレーニングのためALSシミュレータとSimManを使用しています。「FSANが資源をここSessvollmoenでの医療トレーニングに投資してきたことは素晴らしいことです。現在、私たちは学習効果の維持と他の人たちを教えるためにもシミュレータを用いています」と、コースの参加者や陸軍医療部HMKG の小隊長Lieutenant Hanne Gjøsは述べています。「メニューを見れば、このタイプのシミュレータでできることの多さと豊富さに驚くことでしょう」


反応するシミュレータ 

生きた人間によるトレーニングとシミュレータを用いたトレーニングの大きな違いは、シミュレータでは胸部チューブの挿入、減圧、挿管などの処置を実際に行うことができるという点にある。シミュレータでは脈も取れ、呼吸時に胸部の上昇も確認できる。インストラクターは、学習者が行った治療に対してモニター上のバイタルがリアルタイムに反応していることを確認する。「これにより、学習者は安全かつ効率的な方法で「患者」の臨床状態を評価・再評価し、対処する方法を学ぶことができます」と、Lydeは説明している。
 

先を見越す 

先を見越すことは重要である。現在の若者は10年前とは異なるまったく新しい方法で情報とコミュニケーションの技術を使っている。「私たちの課題は、時代に沿った教育方法を用いることで、将来のニーズに備えていくということです」と、コーディネータのLotta Lydenは話をまとめている。

Preparing for simulation: Before participants enter the simulation room, they receive some general information about the incident that has taken place, but no pertaining details are revealed. This way the soldiers have at least an idea what to expect at the other side of the door.

Instructor role: The scenarios are supervised by instructors who pay close attention to the soldiers’ performance and provide support and guidance along the way. Instructors will also challenge the trainees if they consider doing so will enhance the learning outcome. Effective simulation training relies on the instructor’s competence, his/her experience, and ability to develop scenarios. ''As each simulation scenario is tailored to the various groups and different categories of people who require medical training, we carefully consider the participants’ professional background, whether they have participated in out of country operations, or perhaps been engaged in special assignments when we design the scenarios'', explains the coordinator.

Flexibility: The Army Medical Service Course Center (FSAN) uses the ALS (Advanced Life Support) simulator and the SimMan manikin for training. ''It’s great that FSAN has been investing resources into the medical training here at Sessvollmoen. Now, we can bring out the manikin to maintain what we have learned and teach others as well," says course participant and Lieutenant Hanne Gjøs, platoon leader for the Army Medical Service HMKG. "When you get to know the menu, it’s amazing to see all the different options you have with a manikin like this."

The manikin responds: ''The main difference between training with live people and training with manikins is that with the manikins you may perform actual procedures; like inserting thorax tubes, perform decompression and intubation. You may palpate the manikin’s pulse and observe chest rise during respiration. The instructors ensure that vitals appearing on the monitor correspond with the concurrent treatment provided by the trainees. This arrangement helps the trainees evaluate and reevaluate the "patient’s" clinical condition and learn to respond in a safe and efficient manner.

Looking ahead. Today’s young people use information and communication technology in new and different ways than just a decade ago. Our challenge is to keep up so that we can meet the future with timely educational methods," concludes Coordinator Lotta Lyden.