「薬剤師の役割は大きく変化しつつあります」。こう話すのはイングランドのバス大学医療薬剤学室(Pharmacy Practice at the University of Bath)の室長Marjorie Weiss教授である。「適切な薬剤の使用法や軽微な疾患、健康なライフスタイルについてアドバイスを行なうなど、患者さんと直に接してサービスを提供する機会がますます増えています。一部の薬剤師は、追加トレーニングを受けることで、薬剤の処方を行なうことも可能になっています」。今日の薬剤師に見られるこうした変化や期待を受けて、Weiss教授はこう続ける。「こうした状況から、薬剤師には臨床スキルやコミュニケーションスキルが求められています。」

バーチャルリアリティ

薬剤師の役割が拡大していることを受けて、バス大学は新たな最先端のトレーニング施設に投資を行った。この大学は英国の一流大学上位10校に名を連ね、その質の高い研究や教育により国際的に高い評価を受けている。実際の薬局に似たセットには調剤室や患者相談室があり、それぞれの生徒が一連の模擬患者を担当し、各患者の薬剤記録を基に安全に処方・調剤できる薬剤を決定する。この新しいラボには6つの薬剤相談室があり、そこで生徒は教師や専門の俳優らが演じる患者とロールプレイングを行う。どれほど患者とうまくコミュニケーションが取れたかについて、生徒たちは役立つフィードバックを受ける。

「ここ数年で薬局業務は大きく進展しました」と、大学の前副学長Jane Millar教授は付け加える。「この新しい薬局実習室を導入したことにより、バス大学の薬剤師らは自身の専門分野におけるニーズに応えられるよう備えるための最高の職業教育を受けることができます。」
 

仮想患者

最近大学が購入した患者シミュレータのSimMan 3Gは、生徒らから「サイモン」の愛称で呼ばれている。大学内での新たなトレーニングの一環として現在用いられているこの「サイモン」について、医療薬剤学シニアティーチングフェローのDr. Denise Taylorは「彼は驚くほどに生きているようです。彼には脈があり、光に反応して瞳孔が収縮します。また薬剤に対しても実際の人間と同じような反応を見せます。薬剤に対して副作用を起こすと、痙攣したり、発汗したり、嘔吐したりするのです」

SimMan 3Gは医師の訓練のため英国の医科大学で広く購入されているものの、薬学部での購入はバス大学が初めてとなる。Dr. Taylorは次のように話を結んだ。「彼は、生徒たちに安全な環境下で患者の診断や治療といった診察スキルを訓練する機会を与えるという点で、注目に値する資源だといえます。」

“The role of the pharmacist is changing significantly” says Professor Marjorie Weiss, Head of Pharmacy Practice at the University of Bath, England. “They are increasingly offering more patient-facing services such as giving advice to patients about appropriate medicine use, minor illnesses and healthy lifestyles. Some pharmacists, with additional training, can also prescribe medicines.” Having identified these changes and evolving expectations of today’s pharmacists, Professor Weiss continues, “These call on the pharmacist’s clinical and communication skills.”

A virtual reality 

In recognition of the pharmacist’s expanding role, the University of Bath, one of the UK’s leading top ten universities with an international reputation for quality research and teaching, has invested in a new state-of-the-art teaching suite. Set up like a real pharmacy, with a dispensary and patient consulting rooms, each student is assigned a set of fictitious patients, each with medication records that the student can use to decide which medicines may be prescribed and dispensed safely. The new laboratory also includes six pharmacy consultation rooms, where students are filmed whilst role-playing encounters with patients, played by teaching staff or professional actors, giving students valuable feedback as to how well they communicate with patients. 

“Pharmacy practice has made great advances over recent years”, adds Professor Jane Millar, Pre-Vice-Chancellor of the university. “This new pharmacy practice suite will ensure that University of Bath pharmacists have the best possible vocational education to equip them to meet the needs of their profession.”

A virtual patient 

Recently acquired by the university is the patient simulator, SimMan 3G, fondly dubbed “Simon” by the students. Complementary to the new training now taking place within the university, Dr. Denise Taylor, Senior Teaching Fellow in Clinical Pharmacy observes, “He’s amazingly life-like. He has a pulse, his pupils constrict when you shine a light on them and he also reacts to drugs in a similar way to a real person. If he has a reaction to medicine, he might have a seizure, sweat or vomit.” 

Whilst SimMan 3G is being widely purchased for training doctors in medical schools in the UK, the University of Bath is one of the first pharmacy departments to own one. Dr. Taylor concludes, “He’s a remarkable resource because he gives students a chance to practise examination skills, including diagnosis and treatment of patients, in a safe environment.”