1949年に設立された全米准看護師連盟(National Federation of Licensed Practical NursesNFLPN)は、米国の準看護師(licensed practical nursesLPN]およびlicensed vocational nursesLVN])の公式の声となっている。NFLPN100万人近い会員のためにリーダーシップを発揮しており、LPNおよびLVNにより運営される唯一の組織である。NFLPNは公衆保護に重点を置き、高い水準の看護の育成と、教育/認定制度および生涯学習による看護能力の維持に努めている。NFLPN1968年に米国の看護領域を対象とした最初の継続教育プログラムを立ち上げた。NFLPNは継続的にプログラムの評価を行なっており、高い基準を満たすプログラムでは継続教育単位(continuing education creditsCEU)を付与している。

 毎年、NFLPNの大会では看護師にCEUを取得する機会を与えている。1984年からLPNとして従事しNFLPN理事会のメンバーでもある上級軍曹(SGM)のMichael Robinsonは、陸軍予備軍医療軍団(Army Reserve Medical Command)の医療即応訓練軍団(Medical Readiness Training Command)の一員であり、30年間軍隊で働いてきた。この2年間、彼はNFLPN大会との共催で新たなトレーニングプログラムを開催している。陸軍予備軍衛生兵は大会に出席し、彼らの義務である年2回の衛生兵継続教育研修の一部を受ける。去年、従軍看護師および民間看護師双方の研修プログラムにおいて始めてALS訓練用シミュレータが大々的に用いられた。

シミュレーションによりプレッシャー下での実践的なトレーニングが可能に

SGMのRobinsonはALSシミュレータを導入した理由について、CEUクラスの衛生兵のために実技試験を実施する必要があったことを挙げている。また、「2009年大会を刺激的なものにする方法を探していました。通常の大会の雰囲気といえば、人々が話を聞き、試験を受けるといった感じですが、可能な限り現実に近いものがよいと考えていました。戦闘は現実ものですから。この点で、シミュレータは最高のソリューションと言えました」と述べている。

ニューハンプシャー州ナシュアのトレーニングセッションに到着したALSシミュレータは、複雑骨折、胸部開放創、鼻中隔彎曲症、特定の疾患など軍隊の要望に沿って作成されたシナリオに従い、さまざまな患者の役柄に合わせたムラージュやプログラム設定が行われていた。「チームが正しい医療処置を行なわなかった場合、シミュレータの容態は悪化し、死亡することさえあります」とSGMのRobinsonは話す。「一方、衛生兵の処置が奏功すると状態は変化します。シミュレータは呼吸し、心拍が変化するなどさまざまな反応を示します。セッションは大好評で、皆が現実に何かをやり遂げたかのように感じていました」

民間看護師および衛生兵はALSシミュレータの活用により以下に示す複数の重要な分野についてトレーニングを受けた。

       止血帯の使用

       出血コントロール

       救急包帯法

       切断処置

       副木の使用

       輪状甲状膜切開

       針穿刺による胸部減圧

       IVの使用

        

戦場シナリオ競技会における医学的介入 

実技セッションは、好評を博した別の陸軍向けトレーニング企画、チーム医療シミュレーション協議会でクライマックスを迎えた。5名で構成されたチーム5組が「戦場」エリアへと入っていき、安全確認した後、すべての「患者」を探し、トリアージ・治療を行って、待機中のヘリコプターへと避難させた。

「大会でシミュレータを用いたのはこれが初めてでしたが、今回の医療シミュレーション軍人競技会(medical simulation warrior competition)は本当に大成功でした」と、SGMのRobinsonは話す。「1位、2位、3位の勝利チームにはトロフィーが送られ、皆部隊に持ち帰って飾っています」

効率的な情報交換と作業によりさらに評価を受ける

ALSシミュレータを用いたトレーニングセッションは、民間看護師および衛生兵にとってパフォーマンス評価への参加やクリティカルシンキング、医療処置を行っている際に他者と情報交換し学ぶ機会となった。「参加者は皆、とても刺激的だったと述べていました。再び参加するために、アラバマ州バーミングハムで開催される2010年10月の大会に戻ってくることでしょう」と、SGMのRobinsonは話している。

陸軍軍人にとっても同様に時間削減できるというメリットをもたらした。衛生兵は義務である年2回の継続教育研修の半分を終えて部隊に戻っているときに、他のミッション要求に対応することができる。このコスト削減による効率的な地域活動への改善に、国内各地の医療司令官はこれまでになく喜んでいる。

 

使用製品:ALSシミュレータ
ALSシミュレータは、医学的緊急事態におけるさまざまな二次救命スキルをシミュレーションするためのリアルでインタラクティブなトレーニングシミュレータです。

Each year, the NFLPN convention offers an opportunity for nurses to earn CEUs. SGM Michael Robinson, an LPN since 1984 who sits on the NFLPN board of directors, is part of the Army Reserve Medical Command’s Medical Readiness Training Command and has served in the military for 30 years. For the past two years, he has organized a new training program held in conjunction with the NFLPN convention: Army Reserve medical soldiers attend the convention to receive part of their mandatory, bi-annual combat medic sustainment training. Last year, Advanced Life Support (ALS) simulators were used extensively for the first time during both military and civilian nurse training programs.

Simulation offers hands-on training under pressure

SGM Robinson incorporated simulation with ALS simulators because he saw the need for hands-on testing for combat medics in CEU classes and wanted “a way to spark the 2009 convention. Usually, there’s a conference atmosphere – people listen, take tests – but I wanted something as close to real as you can get because combat is real. The manikins were a great solution.”

ALS simulators arrived at the Nashua, New Hampshire training sessions moulaged and programmed for various patient roles as per scenarios requested by the military such as compound fracture, sucking chest wounds, deviated septum and specific illnesses. “If the teams didn’t do the medical procedures correctly, the manikin got worse or even died,” SGM Robinson said. “While the medic was working on the body, it changed: the manikins breathe, heart rates change and so on. The sessions went over really well, and everyone felt like they really accomplished something.”

Civilian nurses and combat medics using the ALS simulators received training in several crucial areas, including:

  • tourniquet application
  • bleeding control
  • emergency bandaging
  • amputation treatment
  • splint application
  • cricothyrotomy
  • needle chest compression
  • use of IVs

Medical intervention in battleground scenario competitions

Hands-on sessions culminated in another well-received training component for military soldiers: a team-based medical simulation competition. Five, five-man teams went into a ‘combat’ area, secured it, and then found, triaged, treated and evacuated all of the ‘patients’ to a waiting helicopter.

“This was the first time we had manikins at the convention, and the medical simulation warrior competition was a really big hit,” said SGM Robinson. “Winning teams received trophies for first, second and third prize, which they took back to their units to display.”

Networking and operational efficiency add more kudos

The training sessions using the ALS simulators gave civilian nurses and combat medics the opportunity to network with and learn from one another while participating in performance evaluations, engaging in critical thinking and executing medical procedures. “All who participated said it was very exciting. They will be back for more at our October 2010 convention in Birmingham, Alabama,” SGM Robinson said.

There was a time saving advantage for military personnel as well. Medical soldiers returned to their units with half of their mandatory bi-annual sustainment training finished, and are thus available for other mission requirements. Medical commanders around the country couldn’t be more pleased with this cost saving improvement to efficient regional operations.

Products used: ALS Simulator

The Advanced Life Support Simulator is a realistic interactive training manikin for simulating a wide range of advanced life saving skills in medical emergencies.

#5263