タスマニア救急サービス(TAS)は、州全域の救急救命士225人で構成されている。UTASの準学士課程の救急救命士学生のニーズに十分に応えることにより、このホバートを拠点としたシムセンター(Sim centre)は、ホワイトボードに記載された症状リストの「症例管理練習問題」に取り組んでいた頃とは大きく異なっている。

 

政府外部に資金援助を求めた結果、タスマニア自動車事故保険機関(Motor Accidents Insurance Board:MAIB)が名乗りをあげ、センターで必要なすべてのAVインフラに対し資金提供を行った。施設を提供するTASとのこの共同事業は、TASにより土地が提供されるため土地のための継続的な資金援助の必要がない。

評価から学習経験まで

地域の教育コーディネータBrett Gibsonによると、シミュレーショントレーニングは2006年の開始以来大きな関心を呼んでおり、とりわけその実行可能なシミュレーションの多様さが注目されているという。センターでは広い範囲でマネキンのワイヤレス設備を活用できるため、SimMan 3Gを救急車の後部の専用領域に積んで実際に起きる緊急事態をシミュレーションすることが可能となっている。また観察区域でリアルタイムに情報を表示するための完全に有線接続されたモバイルカメラも設置されている。

 

必須講座は通常、早朝か週前半に理論で始まり、その後実地経験にて学習の補足を行う。また資格のあるスタッフは、段階別講座よりも多くの学習経験の得られる専門職能開発ウィークに参加登録することが可能となる。

 

学習の新たな視点

センターが焦点を置くのは、長年の実地経験を有するものの「仮想」トレーニングの経験は少ない多くの資格のあるスタッフを対象とした定期的なトレーニングプログラムの開発である。「(スタッフにとって)われわれが提供するトレーニングや教育の方法は大きく異なります」 と、Gibsonは話す。「もはやシナリオについて向かい合って討論するのではありません。実際にやってみせなければならないのです。非常に楽しいと感じる人もいれば、少し難しいと感じる人もいます」。トレーニングシナリオの実行方法を再検討した結果、リアルに反応するマネキンを用いて知識を実践することがスタッフの課題となっている。

 

変更を検討中

Gibsonは、シムセンターはTASにおける教育方法の変化の始まりと考えている。学生はトレーニングの成果を即座に見ることができており、ある事例では、交通事故のシミュレーションを終えた翌日に現実の世界でまさに同じ状況に直面するということがあった。「彼らは見事に実践力となることができ、自身の対応や仲間からの尊敬により多くの自信を得ることができたようです」と、彼は話す。

 

現在、タスマニアの北部でシムセンターの開発が進行中である。このセンターでは対象範囲を広げ、SimMan 3Gや模擬機体を用いて実際的な環境に焦点を当てた航空救急トレーニングを提供することが期待される。Gibsonは、シミュレーショントレーニングが州全体で普及しつつあると感じており、スタッフ向けのコースをさらに追加することで、より多くの人にシミュレーショントレーニングの益を得てもらいたいと考えている。「評価に対するプレッシャーを取り除き、体験していることだけに集中できれば、より大きな学習機会とすることができます」

 

The Tasmanian Ambulance Service (TAS) comprises 225 operational paramedics throughout the state. Catering largely to UTAS associate degree paramedicine students, this Hobart-based Sim centre is a far cry from the days when participants responded to ‘case management exercises;’ a list of symptoms written on a whiteboard.

Funding was sought outside of the government, and the Motor Accidents Insurance Board (MAIB) of Tasmania came forward to fund the infrastructure for all the Centre’s audio-visual requirements. With the TAS providing the facility, this joint venture has no ongoing funding for positions, which are provided by TAS itself.

From assessment to learning experience

Regional Education Coordinator Brett Gibson reports that simulation training has been taken up with great enthusiasm since its inception in 2006, particularly with regards to the variety of situations made possible. The centre makes extensive use of the wireless facilities of the manikins, so that a SimMan 3G can be loaded into the back of an ambulance in a dedicated area to simulate real-life emergency situations. These are also fully wired with mobile cameras for instant display in the observation area.

The required courses usually start with theory early in the morning or week, then followed up with practical experience for follow-up on their learning. Qualified staff may be rostered on for professional development week, which is more of a learning experience, rather than graded course.

A new perspective on learning

A focus for the centre is to establish a regular training program for qualified staff, many of who have years of ‘hands-on’ experience, and not much ‘virtual’ training. “It’s a big difference [for staff] in the way we train and educate,” notes Gibson. “No longer is it a face-to-face discussion about the scenario. You have to demonstrate it. Some people find it really exhilarating, and some people find this a bit confronting.” Through refocusing the way the training scenario is conducted, the challenge for staff is to demonstrate their knowledge with a realistic, responsive manikin.

Change is in the air

Gibson sees the Sim centre as the beginning of changes in the way education is done at TAS. Students have seen instant benefits from the training, and in one case a road trauma simulation was completed and the next day exactly the same situation faced in real life. “As a result, they performed brilliantly, and they gained a great deal of confidence from both their response and the respect of their peers,” he says.

A Sim centre is currently being developed in the north of Tasmania, it is hoped that this centre will expand its scope and have an air ambulance focus using a SimMan 3G and mock-fuselage for a realistic setting. Gibson believes that simulation training is taking off in the state, and hopes that with the addition of more courses for staff, more people will see the benefits of it. “Once you take away the stress of assessment and just focus on the experience, it provides greater educational opportunities.”