デリフォード病院は長年シミュレーショントレーニングを提唱しており、ここ5年間は広範囲にわたる多職種の病院スタッフがシミュレーションプログラムを受けられるよう包括的なスケジュール調整が行われてきた。最新のワイヤレス患者シミュレータSimMan 3Gの導入を機に、病院のシミュレーションチームは、スタッフトレーニングに新たな側面を付け加えようとしている。シミュレーション室から離れて個々の状況に合わせたシミュレーションを行うことにより、実際の現場で一緒に働くチームとともにトレーニングが行え、患者転帰の向上につながる。

学習した事柄を現場に生かす

麻酔科専門医Tom Galeは、病院内で行われている一部のトレーニングについて次のように洞察を述べている。「例えば、私たちの手術室チームがトレーニングを行う際は、過去6ヶ月間に起こった医療事故やニアミスについてたずね、特定の人のための特定のシナリオに合わせた学習目標を設定しています。このようにシミュレーションをそれぞれの文野に当てはめることでシナリオをより現実的なものにでき、学習した事柄を容易に実際の現場に生かすことができます。最終的には、チームパフォーマンスが向上し、 臨床の現場環境における潜在的リスクを認識できることから、将来同じような事故が起きた場合の患者転帰を改善することができます」


現場で行うシミュレーションの価値

保健省主席医務官が最近述べた「より安全な医療システムを構築する」手段としてシミュレーションが取り入れられるという見通し(1)を裏付けるように、デリフォード病院では引き続きシミュレーション教育プログラムを拡大している。Dr. Galeはこう続けている。「持ち運びができるというSimMan 3Gの特徴により、病院内のいたるところでシミュレーション環境を作り出すことが可能になりました。手術室環境、集中治療室、高度治療室、救急部でシミュレーション学習が行えるのです。また、新生児医療トレーニング、小児科病棟、産科病棟、分娩室でもシミュレーション教育プログラムを取り入れています。デリフォード病院にとって、現場で行うシミュレーションは病院内のいたるところでさまざまな医療グループにシミュレーショントレーニングを提供する上で完璧な手段だと感じています」

1. Safer Medical Practice: Machines, Manikins and Polo Mints, 150 years of the Annual Report of the Chief Medical Officer, Department of Health (UK)

Derriford Hospital has long been an advocate of simulation training and over the last five years has established a comprehensive timetable of simulation programmes for a wide variety of multi-disciplined hospital staff. With the latest addition of the wireless patient simulator - SimMan 3G, the simulation team at the hospital is now adding another dimension to staff training by running specifically tailored simulations away from the simulation suite and into the actual workplace, so that teams working together also train together, and so further help to improve patient outcomes.

Transferring learning to the workplace

Tom Gale, Consultant Anaesthetist gives an insight into some of the training at the hospital. “When training our theatre teams, for example, we ask them what critical incidents and near misses they have had in the last 6 months so that we can tailor the learning objectives to those particular scenarios for those particular people. Contextualising the simulation in this way makes the scenarios more authentic, and the lessons learnt are more easily transferred to the workplace. Ultimately, team performance can be strengthened and latent threats in the clinical environment identified to promote better patient outcomes if similar incidents arise again in the future.”

The value of In-Situ Simulation

An exemplar of the recent Chief Medical Officer’s vision to embrace simulation as a means of ‘building a safer healthcare system’ (1), Derriford Hospital is continuing to expand its simulation programmes. Dr. Gale continues, “The mobile nature of SimMan 3G has enabled us to create simulated environments across the whole hospital. We can produce simulation learning in theatre environments, the Intensive Care Unit, the High Dependency Unit and the Emergency Department. We also have simulation programmes for neonatal training, for paediatrics, maternity and delivery suites. At Derriford Hospital, we believe that in-situ simulation is a perfect vehicle to bring simulation training to a wide variety of healthcare groups throughout the hospital.” 

1. Safer Medical Practice: Machines, Manikins and Polo Mints, 150 years of the Annual Report of the Chief Medical Officer, Department of Health (UK) 2009