【特長】

●乳児と日常的に接するご家族や保育園の先生方に最適

気道異物の除去も含めた小児の一次救命処置(PBLS)をいつでもどこでも学べます。

・DVD(約20分)を見ながら短時間で学ぶことができます。
・乳児のCPRと気道異物の除去について学べます。
・講習会で使用する際も一人一体のマネキンを使用でき、実技の時間を最大限に確保できます。
・キットを自宅に持ち帰ることで、自分自身の復習のみならず、家族などにトレーニングを広めることができます。

【構成品】

マネキン、トレーニング用DVD、交換用肺、マネキンワイプ

ユーザー事例

パプアニューギニアの医療従事者のトレーニング

臨床専門看護師のJanine Whiteは、現地の看護師、地域の医療従事者、および教師の教育プログラムを実施するためにパプアニューギニアに渡りました。滞在中、応急処置と新生児の救急蘇生法についてスタッフに教えることが目的でした。   詳細はこちら ›

新たなCPRトレーニング法の模索をきっかけに、Lucille PackardはCPR Anytime(ミニアン)と出会う

ルシール・パッカード小児病院(LPCH)は1919年設立のスタンフォード小児回復期療養所(Stanford Home for Convalescent Children)が前身となっており、現在650名以上の医師および4750名以上のサポートスタやボランティアにより幅広い治療・医療サービスが提供している。LPCHは世界トップレベルの非営利病院で、サンフランシスコ・ベイエリアおよび太平洋岸北西地区広域において広範な地域ネットワークと多くの場所でのアウトリーチサービスにより新生児、小児、青年および妊婦のケアに全力を尽くしている。   詳細はこちら ›