コンテンツへ

看護学生がバーチャル学習を好む理由

ミレニアル世代だけではありません

「ミレニアル世代はテクノロジー依存型」または「ミレニアル世代は集中力の持続時間が短い」といった見出しを見たことがあるかと思います。 これらの主張の背景にある科学的裏付けは乏しく、その真偽が問われることが多くあるものの、テクノロジーが学習環境に与える影響には疑問の余地はありません。しかしながら、その影響が及ぶのはミレニアル世代に留まりません。

スマートフォンやコンピューターは至る所で使用され、米国では成人の77%がスマートフォンを所有しており、2011年の35%から増加しています。また、現在30億人以上がインターネットを利用しています。指先で操れるGoogleはポケットに収まり、情報検索に時間をかけることもなくなりました。

年齢層別にスマートフォンの利用状況を見ると、18~24歳のミレニアル世代のうち98%がスマートフォンを所有しています。25~34歳のミレニアル世代ではわずかに低い97%がスマートフォンを所有しています(引用元前述と同じ)。また、X世代(35~44歳)は96%がスマートフォンを所有しています。4

これらはすべて、今日の学習者が年齢を問わず常に新しい情報を求めており、前の世代よりも1日のうちに目にする情報がより多く、マルチタスクを行う傾向があることを意味しています。5 進歩主義教育の生みの親であるJohn Deweyの研究に遡ると、成人学習理論では、経験的、実験的、実践的な学習体験の必要性が示唆されます。デジタルメディアが私たちと切り離せない関係になったために、新しい学習スタイルでは、経験学習、ガイド付きの指導、そして総合的な振り返りのバランスを取るようになっています6 基本的に、現代の学習者のニーズを満たすためには、学習者の希望に沿った教育が必要となります

一般的な看護学の学士プログラムは、主にミレニアル世代の学生で構成されていますが、30歳以上の学生の18%でさえも講義プラスアルファを必要としています。7 学習者は、自分が快適に感じる方法で資料に触れることを好みます – それが、オンラインです。

看護カリキュラムに欠けているのは、eラーニングを通じて患者治療を実践するバーチャルシミュレーションかもしれません。本記事では、その理由について探っていきます。

 

教育モデルの変化

今日の看護プログラムは、ビデオ、オンラインまたは遠隔学習、バーチャルシミュレーション、適応型クイズやテストなどの教育ツールに大きく依存しています。8

 

今後5年以内に、看護プログラムは、データ解析ツール、モバイルアプリケーション、仮想現実など、より高度な学習テクノロジーを採用することが予測されます。10これらのツールを採用する主な理由は以下のとおりです。11

  • 米国看護師国家試験(NCLEX)の合格率を上げるため
  • 州/理事会/認定の必須要件を満たすため
  • 利用可能な施設数の減少に対応するため
  • 診療で使用されているテクノロジーの変化に対応するため
  • 入学した学生の学習方法に役立てるため

入学者数が多い方が、入学者数が少ない場合よりも新しいテクノロジーへの適用が容易に進む傾向があります。12これは、スケールメリットによるものです。

小規模な組織の場合には、バーチャルシミュレーションを使用することで一足飛びに新しいテクノロジーを習得でき、また教育のための人的リソースが不足している場合に新しいテクノロジーを活用できます。オンラインのトレーニング法によって、学習者の満足度、自信、学習結果を維持しつつ、授業の全体的な時間とコストを削減できます。13

 

バーチャルシミュレーションは、学習者に助走の機会を与えてくれます

John Deweyの先行研究に基づき、David Kolbは1984年に経験学習理論を初めて発表しました。14Kolbの唱えた4段階の学習サイクルと、4つの学習スタイルの定義は、今日の教育の流れにも大きな影響を与えています。レールダルはKolbのモデルに大きな感銘を受け、これを基に サークル オブ ラーニング モデルを作成しました。

Kolbの経験学習サイクルでは、学習者が経験することが期待される4段階を定義します。

  • 具体的な経験 – 新しい経験または経験の再解釈
  • 省察的観察 – 経験と理解の間のズレを理解する
  • 抽象的概念化 – 新しいアイディアの形成または既存のアイディアへの変更
  • 能動的試行 – 学習者が将来の状況で知識を応用することによって新たな経験を得る

この理論に不可欠なのは、学生が効果的に学ぶためには、4段階すべてを経験しなければならないという考え方です。これは、効果的な教育に最も大切なのは教育戦略ではないということを示唆しています。看護カリキュラムでは、講義、ハンズオントレーニング、シミュレーション、臨床経験の組み合わせが最も効果的であることが証明されています。

バーチャルシミュレーションでは、学習者が患者を傷つけるのではないかといった恐れを感じることなく、仮想患者の治療、病歴の収集、患者中心のケアを実践できます。学習者は、オンラインの没入体験を得ることでKolbのサイクルの省察的観察ステージに到達します。教科書や講義の内容に基づき、学習者はシナリオに参加し、患者ケアについて重要な決定を下します。

専門家は、科学的知識の面で看護学生を支援しながら理論と実践を統合できる学習活動として仮想患者を推奨しています。15シナリオには再現性があるため、ディブリーフィングと併せることで学習者は意思決定を一つずつ遡って確認でき、エビデンスに基づく実践やプロトコルと照合することができます。

バーチャルシミュレーションにより、学習者は本格的なシミュレーションに参加する前に知識を試す機会を得ることができ、さらに重要なこととして、病院に足を踏み入れる前に知識を試すことができるのです。

 

eラーニングはストーリーを語ることができます – そして、ストーリーは記憶に残ります

今日のようにインターネットが巨大な情報源に成長するにつれ、eラーニングのアプリケーションと有効性は継続的な向上を遂げました。研究によると、テクノロジーに基づくトレーニングでは、学習の一貫性が最大60%向上することが示されています。16

 

 

看護教育の分野で最も卓越した eラーニング 形態の1つであるバーチャルシミュレーションでは、学習者がこれまでの学習内容を用いてスキルの適用を試していくことが求められます。各シナリオは、ビデオ、患者とのやり取り、シミュレーション前後のクイズを統合した流れに沿って進んでいきます。eラーニングの利点を達成できる一方で、ストーリーの要素を含むバーチャルシミュレーションは学習経験にさらなる利点をもたらします。

「シミュレーションと[ストーリー]によって、学部では単にコンテンツを投げかけるのではなく、教育アジェンダの一環としてクリエイティブな方法でコンテンツを多様に使用する方向に移行でき、最終的には、カリキュラムとコースの学習成果を整合させることができます。」と、全米看護連盟(NLN)のElaine Tagliareni, EdD, RN, CNE, FAANとSusan Forneris, PhD, RN, CNE, CHSE-Aは述べています。18

最初から最後までストーリーをたどり、決定や行動の結果を見ることができる学習者は、安全な環境での実践をより良く概念化することができます。 バーチャル シミュレーション は、すべての看護師が必要とする批判的思考や意思決定スキルを実践するための安全で有効かつシンプルなオンライン環境を提供します。

コンサルテーションやデモをご希望の方へ

実際の患者に対応するフルスケールシミュレーションの準備段階としてvSim for Nursingを使用した学部からのレポートでは、より安心してシミュレーション室で同様の患者に対面できたほか、より複雑で総合的な精神運動スキルを伴う実際の患者に対応するシミュレーションにおいて、学生のパフォーマンスが向上したことが示されました。

さまざまなvSim for Nursingコース、インストラクター用ツール、使用モデルについてご案内させていただきます。

<p>当社は、<a href="/jp/support/customer-service/privacy-policy/" target="_blank">プライバシーポリシー</a>に則り、お客様の個人連絡先情報を慎重に取り扱います。</p>

References

  1. Rainie, L. & Perrin, A. (2017). 10 facts about smartphones as the iphone turns 10. Pew Research Center. Retrieved from http://www.pewresearch.org/fact-tank/2017/06/28/10-facts-about-smartphones/
  2. Davidson, J. (2015). Here’s how many internet users there are. Time. Retrieved from http://time.com/money/3896219/internet-users-worldwide/
  3. Nielsen (2016). Millennials are top smartphone users. Retrieved from http://www.nielsen.com/us/en/insights/news/2016/millennials-are-top-smartphone-users.html
  4. Ibid
  5. American Press Institute. (2015). How millennials get news: Inside the habit of America’s first digital generation. Retrieved from https://www.americanpressinstitute.org/publications/reports/survey-research/millennials-news/
  6. Dede, C. (2005). Planning for neomillennial learning styles. Educause Quarterly, 1. Retrieved from http://www.wou.edu/~girodm/670/Dede_on_neo-millenials.pdf
  7. National League for Nursing. (2014). NLN biennial survey of schools of nursing. Retrieved from http://www.nln.org/docs/default-source/newsroom/nursing-education-statistics/percentage-of-students-over-age-30-by-program-type-2014.pdf?sfvrsn=0
  8. Wolters Kluwers. (n.d.). How nursing education programs are currently using educational technology. Retrieved from http://nursingeducation.lww.com/content/dam/wk-nes/images/Nursing-Education-Technology.gif
  9. Ibid
  10. Wolters Kluwers. (n.d.). Educator forecast for tech usage and growth in nursing education programs. Retrieved from http://nursingeducation.lww.com/content/dam/wk-nes/documents/Educator-Forecast-Tech-Usage.pdf
  11. Wolters Kluwer. (n.d.). What’s driving the adoption of technology in nursing education?. Retrieved from http://nursingeducation.lww.com/content/dam/wk-nes/documents/Adoption-of-Technology-in-Nursing-Infographic.pdf
  12. Wolters Kluwers. (n.d.) How nursing education programs are currently using educational technology. See Reference #8.
  13. Serwetnyk, T.M., Filmore, K., VonBacho, S., Cole, R., Miterko, C., Smith, C., et al. (2015). Comparison of online and traditional basic life support renewal training methods for registered professional nurses. Journal for Nurses in Professional Development, 31(6), E1-10. DOI: 10.1097/NND.0000000000000201
  14. McLeod, S. (2017). Kolb – learning styles. Retrieved from https://www.simplypsychology.org/learning-kolb.html
  15. Georg, C. & Zary, N. (2014). Web-based virtual patients in nursing education: Development and validation of theory-anchored design and activity models. Journal of Medical Internet Research,16(4). DOI: 10.2196/jmir.2556
  16. Urdan, T.A. & Weggen, C.C. (2000). Corporate elearning: Exploring a new frontier. Berwyn, PA: WR Hambrecht & Co.
  17. Ibid
  18. Tagliareni, E. & Forneris, S. (n.d.) Sim beyond the sim lab. Retrieved from http://www.nln.org/docs/default-source/professional-development-programs/sim-beyond-the-sim-lab-(pdf).pdf?sfvrsn=0